文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

三宅 由寛 » English

所属 名古屋大学大学院工学研究科
役職 准教授
連絡先 Email
HP http://www.apchem.nagoya-u.ac.jp/hshino/top.html
専門分野 有機化学、有機金属化学
研究キーワード 酸化反応、還元反応、電子移動、ポルフィリン、ピリジン、電子受容性配位子、多座配位子
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、基礎有機化学会、近畿化学会

概要

本研究では電子受容性π共役骨格を持つ遷移金属錯体触媒を合成し、その特性を生かし、電子移動を組み込んだ酸化反応および還元反応の開発を行う。特に二酸化炭素の光触媒的還元反応やアルカンの直接的酸化反応と言った高難度分子変換を中心に取り組む。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Synthesis of Tetraaza[8]circulenes from Tetrathia[8]circulenes through an SNAr-Based Process"
    Nagata, Y.; Kato, S.; Miyake, Y.; Shinokubo, H.
    Org. Lett., 2017, 19, 2718–2721
  • "Synthesis, Properties and Reactivities of Ruthenium(II) Carbonyl 5,15-Diazaporphyrins"
    Nishimura, T.; Miyake, Y.; Shinokubo, H.
    Chem. Lett., 2017, 46, in press
  • "Synthesis of Tetrasilatetrathia[8]circulenes by a Fourfold Intramolecular Dehydrogenative Silylation of C–H Bonds"
    Serizawa, Y.; Akahori, S.;Kato, S.; Sakai, H.; Hasobe, T.; Miyake, Y.; Shinokubo, H.
    Chem. Eur. J., 2017, 23, 6948-6952

総説・解説

  • 「Synthesis and Functionalization of Porphyrins through Organometallic Methodologies」 Hiroto, S.; Miyake, Y.; Shinokubo, H., Chem. Rev., 117, 2910, 2017
  • 「Synthetic Utilization of α–Aminoalkyl Radicals and Related Species in Visible Light Photoredox Catalysis」 Nakajima, K.; Miyake, Y.; Nishibayashi, Y., Acc. Chem. Res., 49, 1946, 2016

国際会議

  • The 1st International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding
    "Visible-Light-Mediated Transformations of Nitrogen-Containing Compounds Based on Control of Single Electron Transfer Process", Invited Lecture
    Miyake, Y.
    2016年7月~2016年7月, Osaka, Japan