文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

竹本 真 » English

所属 大阪府立大学大学院理学系研究科分子科学専攻
役職 准教授
HP http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/staff/takemoto
専門分野 錯体化学、触媒、有機金属化学
研究キーワード メタロホスフィン・光触媒・二核錯体・トリフルオロメチル化
所属学会・研究会 日本化学会、錯体化学会、触媒学会、近畿化学協会、アメリカ化学会

概要

太陽光を利用した物質変換反応は、再生可能エネルギーの利用やグリーンケミストリーの観点から、今日、最も重要な研究課題のひとつとなっている。光エネルギー捕集部位と反応活性部位とを同一分子内に複合化させた新規な反応場の構築は、光エネルギーを駆動力とする有用な新規反応を開発する上で最も有力なアプローチであると考えられる。本研究では、新規なメタロリガンドとして、Ru(II)ビピリジルユニットを導入したホスフィン(bpy)2Ru(PR2)2を合成し、MLCT遷移に伴う電子供与性の変化を明らかにするとともに、太陽光エネルギーを利用した有用な光駆動型触媒反応を開発する。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Diruthenium Carbido Complexes as N-Heterocyclic Carbene Like C-Donor Ligands to Group 11 Metals"
    Takemoto, S.; Tsujita, M.; Matsuzaka, H.
    Organometallics, 2017, 36, in press
  • "Ruthenium-Sulfonamide-Catalyzed Direct Dehydrative Condensation of Benzylic C-H Bonds with Aromatic Aldehydes"
    Takemoto, S; Shibata, E.; Nakajima, M.; Yumoto, Y.; Shimamoto, M.; Matsuzaka, H.
    Journal of the American Chemical Society, 2016, 138, 14836–14839
  • "Metal-ligand cooperative activation of element-hydrogen bonds (element = C, N, O, Cl, B) on a dinuclear ruthenium bridging imido complex"
    Takemoto, S; Ito, T.; Yamazaki, Y.; Tsujita, M.; Matsuzaka, H.
    Journal of Organometallic Chemistry, 2016, 812, 158–166
  • "Aminolysis of [Cp*Ru(μ-OEt)]2 (Cp* = η5-C5Me5) with sulfonamides: Synthesis of neutral, zwitterionic, and anionic Cp*Ru terminal sulfonamido complexes"
    Takemoto, S; Yumoto, Y.; Matsuzaka, H.
    Journal of Organometallic Chemistry, 2016, 808, 97–103

国際会議

  • International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017
    "A Greener Synthesis of Stilbenes and Distyrylbenzenes with Ruthenium Sulfonamide Catalyst", Invited Lecture
    Takemoto, S.
    2017年6月8日~2017年6月10日, Ho Chi Minh, Vietnam
  • 1st International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding
    "Ruthenium Sulfonamide Catalysts for Direct Conversion of Benzylic C-H Bonds to C=C Bonds", Invited Lecture
    Takemoto, S.
    2016年7月9日~2016年7月9日, Osaka, Japan

国内学会(会議)

  • 第118回触媒討論会
    "ルテニウム錯体とスルホンアミドアニオンの協働触媒作用によるベンジル位C-H結合の活性化とπ共役分子の合成への応用", 口頭発表
    Takemoto, S; Shibata, E.; Nakajima, M.; Yumoto, Y.; Shimamoto, M.; Matsuzaka, H.
    2016年9月21日~2016年9月23日, 盛岡
  • 有機金属化学仙台ミニシンポジウム
    "ルテニウム錯体とスルホンアミドの協働作用を利用した 新規な触媒的 C-H 結合変換反応", 招待講演
    Takemoto, S.
    2016年9月20日~2016年9月20日, 仙台
  • 第63回有機金属化学討論会
    "ルテニウムアレーン錯体とスルホンアミドアニオンの協働触媒作用によるp-キシレンのベンジル位C-H結合活性化とp-ジスチリルベンゼン類の合成", ポスター発表
    Takemoto, S.; Nakajima, M.; Shibata, E.; Yumoto, Y.; Matsuzaka, H.
    2016年9月14日~2016年9月16日, 東京

アウトリーチ

  • 一般向け講演会・セミナー
    主催担当者, 大阪府立大学サイエンスホール
    大阪府堺市, 2016年12月3日~2016年12月3日