文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

森内 敏之 » English

所属 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻
役職 准教授
HP http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~hiraken/
専門分野 錯体化学、生物無機化学、生体機能関連化学、機能有機化学、超分子化学
研究キーワード 核酸塩基、ペプチド、不斉構造規制、高次反応場、触媒反応
所属学会・研究会 日本化学会、錯体化学会、高分子化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会、アメリカ化学会

概要

本研究代表者らの研究グループはこれまでに、相補的水素結合に基づく不斉会合および配列・組合せが可能な核酸塩基やアミノ酸の自己組織化プログラムを巧みに活用することにより、分子レベルでの配列・制御に基づく機能創発分子システムの開発を行ってきた。これらの成果をもとに、本研究では、生体分子が繰り出す変幻自在な自己組織化プログラムを反応場設計に応用し、触媒機能を有する機能性金属錯体の分子レベルでの緻密な配列・空間制御を行うことにより活性部位間の協奏的かつ相乗的効果に基づく機能創発を行うとともに、生体分子の暗号化を利用した機能情報プログラミング反応場システムを開発することを目的とする。本研究期間内において、核酸塩基やアミノ酸の自己組織化プログラムに基づく触媒活性中心の機能創発的な精密配列制御法を確立するとともに、機能情報がプログラムされた反応場の機能設計を行う。また、生体分子の構造特性を活かした外部刺激に基づく反応場の動的制御を行い、プログラミング情報の動的機能化を図る。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Controlled Self-Assembling Structures of Ferrocene-Dipeptide Conjugates Composed of Ala-Pro-NHCH2CH2SH Dipeptide Chain"
    *Moriuchi, T.; Nishiyama, T.; Tayano, Y.; *Hirao, T.
    J. Inorg. Biochem., 2017, 177(12), 259-265
  • "Control of Helical Chirality of Ferrocene-Dipeptide Conjugates by the Secondary Structure of Dipeptide Chains"
    *Moriuchi, T.; Nishiyama, T.; Nobu, M.; *Hirao, T.
    Chem. Eur. J., 2017, 23(52), 12704-12708
  • "Self-assembled structures of ferrocene-L-carnosine conjugates."
    Moriuchi, T.; Nishiyama, T.; Tayano, Y.; Tohnai, N.; Hirao, T
    J. Organomet. Chem., in press, in press(in press), in press
  • "Structural Characterization of Chirality-Organized Ferrocene-Dipeptide Conjugates Having Pyridine N-Oxide Moieties"
    *Moriuchi, T.; Wu, H.; Tayano, Y.; *Hirao, T.
    Asian J. Org. Chem., 2017, 6(9), 1250-1256
  • "Structural Characterization of Chiral Vanadium(V) Complexes with V=N Bond"
    Sakuramoto, T.; Hirao, T.; *Moriuchi, T.
    Chem. Lett., 2017, 46(6), 844-847
  • "Self-Assembled Structures of Ferrocene-L-Carnosine Conjugates"
    *Moriuchi, T.; Nishiyama, T.; Tayano, Y.; Tohnai, N.; *Hirao, T.
    J. Organomet. Chem., 2017, 839, 78-82

著書

  • 「Chirality Organization of Peptides and pi-Conjugated Polyanilines」
    Moriuchi, T.; Ohmura, S. D.; Hirao, T.
    「Asymmetric Synthesis of Drugs and Natural Products」,Nag, A., CRC Press, 2018, 133-161

総説・解説

  • 「核酸塩基部位を有する生物有機金属錯体の機能組織化(Functional Organization of Bioorganometallic Complexes Composed of Nucleobases)」 森内敏之, Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry, 70, 22-31, 2017

国際会議

  • 3rd International Conference on Organic and Inorganic Chemistry
    "Vanadium-Catalyzed Bromination Reaction with Molecular Oxygen", Plenary Lecture
    Moriuchi, T.
    2017年7月17日~2017年7月19日, Chicago, United States of America
  • 14th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC14)
    "Architectural Control of Molecular Self-Assembly of Bioorganometallic Conjugates with Nucleobases", Oral Presentation
    Moriuchi, T.; Meng, X.; Sakamoto, Y.; Hirao, T.
    2017年6月7日~2017年6月10日, Toulouse, France
  • 2nd International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding
    "Chirality Organized Structures of Alanylproline Derivatives Bearing Catalytic Active Sites", Poster Presentation
    Moriuchi, T.; Kubo, M.
    2017年5月12日~2017年5月13日, Osaka, Japan
  • 2nd International Conference on Enzymology and Molecular Biology (Enzymology & Mol. Biology 2017)
    "Bromoperoxidase mimicking bromination catalysts", Keynote Lecture
    Moriuchi, T.
    2017年3月20日~2017年3月21日, Rome, Italy
  • 8th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC8)
    "Controlled Arrangement of Bioorganometallic Conjugates with Nucleobases", Invited Lecture
    Moriuchi, T.
    2016年12月4日~2016年12月9日, Auckland, New Zealand
  • The 10th International Vanadium Symposium: Chemistry, Biological Chemistry, & Toxicology (V10)
    "Oxovanadium(V)-Catalyzed Urea Formation from Amine and Carbon Dioxide", Invited Lecture
    Moriuchi, T.
    2016年11月6日~2016年11月9日, Taipei, Taiwan
  • 8th International Symposium on Bioorganometallic Chemistry (ISBOMC 16)
    "Design of Chirality-Organized Bioorganometallic Conjugates with Dipeptides or Nucleobases", Invited Lecture
    Moriuchi, T.
    2016年9月4日~2016年9月8日, Moscow, Russia
  • The 28th International Symposium on Chiral Discrmination (Chirality 2016)
    "Controlled Chirality in Bioorganometallic Conjugates with Dipeptides", Poster Presentation
    Moriuchi, T.; Nishiyama, T.; Hirao, T.
    2016年7月24日~2016年7月27日, Heidelberg, Germany

国内学会(会議)

  • 日本化学会第98春季年会
    "Synthesis and Structure of (Imido)vanadium(V) Complexes with Alkoxide Ligands", 口頭発表
    櫻本貴士、平尾俊一、鳶巣 守、森内敏之
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 第15回有機合成化学協会関西支部賞受賞講演会
    "生体分子の自己組織化特性を利用した不斉構造規制場の構築", 招待講演
    森内敏之
    2017年11月8日~2017年11月8日, 大阪
  • 第15回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム
    "アラニルプロリン誘導体の不斉組織化", 口頭発表
    森内敏之、久保真依子
    2017年6月3日~2017年6月4日, 草津
  • 日本化学会第97春季年会
    "触媒活性部位を有するアラニルプロリン誘導体の不斉構造規制", 口頭発表
    森内敏之、久保真依子、呉 昊、平尾俊一
    2017年3月16日~2017年3月19日, 横浜
  • 第2回公開シンポジウム
    "分子認識による反応場制御", 口頭発表
    山口浩靖
    2017年1月25日~2017年1月26日, 名古屋
  • 文部科学省科学研究費助成事業 新学術領域研究「精密制御反応場」第2回公開シンポジウム
    "ペプチド誘導体が繰り出す不斉構造規制場の機能設計", 招待講演
    森内敏之
    2017年1月25日~2017年1月26日, 名古屋
  • 第63回有機金属化学討論会
    "金(I)-金(I)軸の軸不斉を誘起するウラシル部位を有する有機金(I)二核錯体", ポスター発表
    森内敏之、坂本勇樹、平尾俊一
    2016年9月14日~2016年9月16日, 東京

受賞

  • 「第15回有機合成化学協会関西支部賞」
    受賞者:森内敏之
    贈呈元:社団法人有機合成化学協会 関西支部
    受賞日:2017年11月8日

媒体掲載

  • Asian J. Org. Chem., 2017, 6(9), 1250-1256. (Selected as a cover feature), カバーピクチャ
    「Structural Characterization of Chirality-Organized Ferrocene-Dipeptide Conjugates Having Pyridine N-Oxide Moieties」
    Moriuchi, T.; Wu, H.; Tayano, Y.; Hirao, T., 2017年9月
    PDF File
  • Chem. Eur. J., 2017, 23(52), 12704-12708. (Selected as a frontispiece), カバーピクチャ
    「Control of Helical Chirality of Ferrocene-Dipeptide Conjugates by the Secondary Structure of Dipeptide Chains」
    Moriuchi, T.; Nishiyama, T.; Nobu, M.; Hirao, T., 2017年9月
    PDF File

アウトリーチ

  • 小・中・高向け授業・実験・実習
    化学だいすきクラブ夏のイベント 2016「大学研究室への招待 大阪大学 南方研究室」にて実験指導, 大阪大学 工学部
    吹田, 2016年8月10日~2016年8月10日