文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

藤枝 伸宇 » English

所属 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
役職 准教授
連絡先 Email
HP http://fujieda-lab.com
専門分野 生体機能関連化学、生物物理化学、生物電気化学、酵素化学、合成生物学
研究キーワード 人工金属酵素,原始金属酵素,小分子活性化
所属学会・研究会 日本化学会、錯体化学会、農芸化学会、生化学会、日本ポーラログラフ学会

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Tyrosinases in organic chemistry: a versatile tool for the α-arylation of β-dicarbonyl compounds"
    Roxanne Krug, Dennis Schröder, Jan Gebauer, Sanel Suljić, Yuma Morimoto, Nobutaka Fujieda, Shinobu Itoh, and Jörg Pietruszka*
    Euro. J. Org. Chem., XX, XX, XX
  • "A Well-Defined Osmium-Cupin Complex: Hyperstable Artificial Osmium Peroxygenase"
    Fujieda, N.; Nakano, T.; Taniguchi, Y.; Ichihashi, H.; Sugimoto, H.; Morimoto, Y.; Nishikawa, Y.; Kurisu, G.; Itoh, S.
    J. Am. Chem. Soc., 2017, 139(14), 5149–5155

総説・解説

  • 「Controlling dicopper protein functions」 Fujieda, N.; Itoh, S., Bull. Chem. Soc. Jpn., 89, 733, 2016

国際会議

  • The Second International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2017)
    "A Well-defined Osmium-cupin Complex: Hyperstable Artificial Os-peroxygenase", Poster Presentation
    Nobutaka FUJIEDA, Takumi NAKANO, Haruna ICHIHASHI, Shinobu ITOH
    2017年12月14日~2017年12月16日, Uji, Japan
  • International Conference on Molecular Systems Engineering (ICMSE2017)
    "Artificial Metalloenzymes with a Cupin Protein as a Foldamer Ligand", Oral Presentation
    Fujieda, N
    2017年8月27日~2017年8月29日, Basel, Switzerland
  • 第2回精密制御反応場国際シンポジウム( 2nd International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding )
    "Artificial Metalloenzymes with a Cupin Fold as a Versatile Ligand", Invited Lecture
    Fujieda N
    2017年5月12日~2017年5月12日, Osaka, Japan
  • Asian International Symposium -Coordination Chemistry, Organometallic Chemistry-
    "Artificial Metalloenzyme Using Cupin Protein as Metal-binding Platform", Invited Lecture
    Fujieda, N.
    2017年3月17日~2017年3月17日, Kanagawa, Japan
  • 10th Copper Meeting
    "Crystal Structures of the Substrate Complex of Tyrosinase", Oral Presentation
    Fujieda, N.; Umakoshi, K.; Itoh, S.
    2016年9月27日~2016年9月30日, Naples, Italy
  • 13th European Biological Inorganic Chemistry Conference
    "An Artificial Metalloenzyme Bearing Datively Anchored Platinum Group Metal", Oral Presentation
    Fujieda, N.; Nakano, T.; Taniguchi, Y.; Sugimoto, H.; Itoh, S.
    2016年8月28日~2016年9月1日, Budapest, Hungary

国内学会(会議)

  • 日本化学会第98回春季年会
    "新規なペプチド架橋構造を有する人工金属酵素の構築", 口頭発表
    山脇沙耶香・谷口勇希・藤枝伸宇・伊東 忍
    2018年3月20日~2018年3月23日, 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)
  • 日本化学会第98回春季年会
    "(161) 繊維状ペプチド集積体を用いた不斉銅錯体触媒の開発", 口頭発表
    殿村篤史・藤枝伸宇・伊東 忍
    2018年3月20日~2018年3月23日, 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)
  • Advanced biological chemistry seminar (ABC seminar)
    "多能性配位子としてのタンパク質", 招待講演
    藤枝伸宇
    2018年1月31日~2018年1月31日, 京都大学桂キャンパス(京都市西京区)
  • 東京大学化学生命工学専攻2017年度談話会
    "機能性配位子としてのタンパク質", 招待講演
    藤枝伸宇
    2017年12月16日~2017年12月16日, 東京大学本郷キャンパス(東京都目黒区)
  • 第11回バイオ関連化学シンポジウム
    "貴金属活性中心を組み込んだ人工金属酵素の創成", ポスター発表
    松尾徳紀・市橋春菜・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年9月7日~2017年9月9日, 東京大学弥生キャンパス
  • 第11回バイオ関連化学シンポジウム
    "山脇沙耶香・谷口勇希・藤枝伸宇・伊東 忍", ポスター発表
    有機ラジカル活性種を含む人工金属酵素の設計と特性評価
    2017年9月7日~2017年9月9日, 東京大学弥生キャンパス
  • 第11回バイオ関連化学シンポジウム
    "単核銅活性中心を有するアミロイド線維触媒の開発", ポスター発表
    殿村篤史・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年9月7日~2017年9月9日, 東京大学弥生キャンパス
  • 第27回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2017)
    "(154) Construction of Amyloid Fibrils-Cu(II) Complex and Its Catalytic Activity in Asymmetric Michael Addition Reaction", ポスター発表
    殿村篤史・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年6月16日~2017年6月17日, 東京都新宿区
  • 日本化学会第98回春季年会
    "貴金属活性中心を有する人工金属酵素の創製", 口頭発表
    松尾徳紀・市橋春菜・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年3月20日~2017年3月23日, 日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市)
  • 日本化学会第97回春季年会
    "(153) 単核パラジウム中心を有する人工金属酵素の調製と反応性", 口頭発表
    松尾徳紀・市橋春菜・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年3月16日~2017年3月19日, 神奈川県横浜市
  • 日本化学会第97回春季年会
    "単核パラジウム中心を有する人工金属酵素の調製と反応性", 口頭発表
    松尾徳紀・市橋春菜・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年3月16日~2017年3月19日, 神奈川県横浜市
  • 日本化学会第97回春季年会
    "アミロイド線維-銅複合体を触媒とするエナンチオ選択的マイケル付加反応", 口頭発表
    殿村篤史・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年3月16日~2017年3月19日, 神奈川県横浜市
  • 日本化学会第97回春季年会
    "Development of Enantioselective Michael Addition Reaction Catalyzed by A Copper-containing Artificial Metalloenzyme", 口頭発表
    市橋春菜・藤枝伸宇・伊東 忍
    2017年3月16日~2017年3月19日, 神奈川県横浜市
  • 第10回バイオ関連化学シンポジウム
    "線維状自己集積ペプチド−銅複合体の調製とMichael付加反応における触媒活性", ポスター発表
    殿村篤史・藤枝伸宇・伊東 忍
    2016年9月7日~2016年9月9日, 石川県金沢市
  • 第10回バイオ関連化学シンポジウム
    "超好熱菌由来の金属結合タンパク質を配位子とする遷移金属錯体の調製と反応性", ポスター発表
    市橋春菜・藤枝伸宇・伊東 忍
    2016年9月7日~2016年9月9日, 石川県金沢市
  • 第10回バイオ関連化学シンポジウム
    "人工金属酵素活性中心における翻訳後Tyr-Cys結合形成とその機能解明", 口頭発表
    藤枝伸宇・谷口勇希・山脇沙耶香・伊東 忍
    2016年9月7日~2016年9月9日, 石川県金沢市
  • 第28回生体機能関連化学若手の会サマースクール
    "アミロイド線維を基としたペプチド集積体を配位子とする銅触媒の特性評価", ポスター発表
    殿村篤史・藤枝伸宇・伊東 忍
    2016年7月15日~2016年7月16日, 愛知県蒲郡市
  • 第28回生体機能関連化学若手の会サマースクール
    "好熱菌由来タンパク質を用いた金属直接結合型錯体の特性評価", ポスター発表
    市橋春菜・藤枝伸宇・伊東 忍
    2016年7月15日~2016年7月16日, 愛知県蒲郡市
  • 第26回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2016)
    "Creation of Artificial Metalloprotein Bearing the Tyr-Cys Covalent Linkage", 口頭発表
    藤枝伸宇・谷口勇希・山脇沙耶香・伊東 忍
    2016年6月17日~2016年6月18日, 北海道