文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

本倉 健 » English

所属 東京工業大学物質理工学院応用化学系
役職 准教授
連絡先 Email
HP https://www.motokura.org/
専門分野 触媒化学
研究キーワード 不均一系触媒・固体表面・金属錯体・有機分子・協奏効果
所属学会・研究会 触媒学会、日本化学会、石油学会、日本ゼオライト学会、日本粘土学会、アメリカ化学会

概要

複数活性点をもつ固体表面反応場のsite-isolation概念による設計と構築

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "SiO2-Supported Rh Catalyst for Efficient Hydrosilylation of Olefins Improved by Simultaneously Immobilized Tertiary Amines"
    Ken Motokura, Kyogo Maeda, Wang-Jae Chun
    ACS Catalysis, 2017, 7, 4637-4641
  • "Catalytic Processes for Utilizing Carbohydrates derived from Algal Biomass"
    Sho Yamaguchi, Ken Motokura, Kan Tanaka, Sousuke Imamura
    Catalysts, 2017, 7, 163
  • "Concerted Catalysis in Tight Spaces: Palladium-Catalyzed Allylation Reactions Accelerated by Accumulated Active Sites in Mesoporous Silica"
    Motokura, K.; Ikeda, M.; Nambo, M.; Chun, W.-J.; Nakajima, K.; Tanaka, S.
    ChemCatChem, 2017, ,, in press
  • "Reductive Transformation of CO2: Fluoride-Catalyzed Reactions with Waste Silicon-Based Reducing Agents"
    Motokura, K.; Naijo, M.; Yamaguchi, S.; Miyaji, A.; Baba, T.
    Chinese Journal of Catalysis, 2017, 38, 434-439
  • "Development of Multi-Active Site Catalysts for Surface Concerted Catalysis Aimed at One-Pot Synthesis"
    Ken Motokura
    Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2017, 90, 137-147
  • "A Pd-Bisphosphine Complex and Organic Functionalities Immobilized on the Same SiO2 Surface: Detailed Characterization and Its Use as an Efficient Catalyst for Allylation"
    Ken Motokura, Koki Saitoh, Hiroto Noda, Wang-Jae Chun, Akimitsu Miyaji, Sho Yamaguchi, Toshihide Baba
    Catalysis Science & Technology, 2016, 6, 5380-5388

総説・解説

  • 「固定化Pd錯体-有機分子触媒のXAFSによる構造解析とアリル化反応機構の解明」 本倉 健, 九州シンクロトロン光研究センター年報2015, 3, 11, 2017
  • 「固体表面における協奏的触媒作用:金属錯体・金属カチオン・有機分子の集積による有機反応の促進」 本倉 健, 有機合成化学協会誌, 75, 200-208, 2017

国際会議

  • The International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017
    "Supported Palladium Complex Catalyst for Allylation Reaction Accelerated by Tertiary Amine in Mesopore", Invited Lecture
    Ken Motokura
    2017年6月8日~2017年6月10日, Ho Chi Minh City, Viet Nam
  • 16th Korea-Japan Symposium on Catalysis & 3rd International Symposium of Institute for Catalysis
    "Concerted Catalysis by Immobilized Rh Complex and Tertiary Amine on SiO2 Surface for Hydrosilylation of Olefins", Poster Presentation
    Ken Motokura, Kyogo Maeda, Wang-Jae Chun
    2017年5月15日~2017年5月17日, Sapporo, Japan
  • 16th Korea-Japan Symposium on Catalysis & 3rd International Symposium of Institute for Catalysis
    "Concerted Catalysis by Pd Complex on Mesoporous Silica for Allylation Reactions with Allylic Alcohol", Poster Presentation
    Ken Motokura, Marika Ikeda, Masayuki Nambo, Wang-Jae Chun, Kiyotaka Nakajima, Shinji Tanaka
    2017年5月15日~2017年5月17日, Sapporo, Japan
  • 16th Korea-Japan Symposium on Catalysis & 3rd International Symposium of Institute for Catalysis
    "Concerted Catalysis in Mesoporous Silica: Palladium-Catalyzed Allylation Accelerated by co-Immobilized Tertiary Amine", Oral Presentation
    Ken Motokura, Marika Ikeda, Masayuki Nambo, Wang-Jae Chun, Kiyotaka Nakajima, Shinji Tanaka
    2017年5月15日~2017年5月17日, Sapporo, Japan
  • 7th Asia-Pacific Congress on Catalysis
    "Highly Efficient Allylation of Nucleophiles Catalyzed by Pd-Bisphosphine Complex and Organic Base Immobilized on a Same SiO2 Surface", Oral Presentation
    Ken Motokura, Koki Saitoh, Hiroto Noda, Wang-Jae Chun, Akimitsu Miyaji, Sho Yamaguchi, Toshihide Baba
    2017年1月17日~2017年1月21日, Mumbai, India
  • International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2016
    "Concerted Catalysis between Metal Complex and Organic Function Immobilized on Same SiO2 Surface", Invited Lecture
    Ken Motokura
    2016年11月10日~2016年11月14日, Taipei, Taiwan
  • The 66th JSCC Symposium, Challenges for dream catalysis - Design of catalytically active centers from the concept of coordination
    "Multi-Active Site Catalysts for Heterogeneous and Homogeneous Concerted Catalysis Aimed at Efficient Organic Reactions", Invited Lecture
    Ken Motokura
    2016年9月10日~2016年9月12日, Fukuoka, Japan
  • 27th International Conference on Organometallic Chemistry
    "Heterogeneous Synergistic Catalysis: Silica-Supported Palladium-bisphosphine Complex and Strong Organic Base for Allylation Reactions", Oral Presentation
    Ken Motokura, Koki Saitoh, Hiroto Noda, Wang-Jae Chun, Akimitsu Miyaji, Sho Yamaguchi, Toshihide Baba
    2016年7月17日~2016年7月22日, Melbourne, Australia
  • The 16th International Congress on Catalysis
    "Heterogeneous Concerted Catalysis: Metal Complex and Organic Base on a Same Silica Surface for Allylation and Addition Reactions", Oral Presentation
    Ken Motokura, Hiroto Noda, Koki Saitoh, Wang-Jae Chun, Akimitsu Miyaji, Sho Yamaguchi, Toshihide Baba
    2016年7月3日~2016年7月8日, Beijing, China
  • Pre-symposium of 16th International Congress on Catalysis and 2rd International Symposium of Institute for Catalysis
    "Rh Complex and Tertiary Amine Immobilized on a Same SiO2 Surface: Heterogeneous Double-Activation Catalysis and Estimation of Active Site Distance Using a Probe Molecule", Oral Presentation
    Ken Motokura, Hiroto Noda, Wang-Jae Chun, Akimitsu Miyaji, Sho Yamaguchi, Toshihide Baba
    2016年6月30日~2016年7月1日, Sapporo, Japan

国内学会(会議)

  • 日本化学会 第97春季年会
    "メソポーラスシリカ固定化Pd錯体の協奏的触媒作用による高効率アリル化反応", 口頭発表
    本倉 健・池田 まりか・南保 雅之・田 旺帝・中島 清隆
    2017年3月16日~2017年3月19日, 神奈川
  • 新学術領域研究「精密制御反応場」第2回公開シンポジウム
    "固体表面での協奏的触媒作用を指向した活性点集積型反応場の構築", 招待講演
    本倉 健
    2017年1月25日~2017年1月26日, 名古屋
  • 物性研究所短期研究会 原子層上の活性サイトで発現する局所機能物性
    "ヒドロシリル化反応に高活性を示すRh 錯体-第三級アミン固定化触媒の構造解析", ポスター発表
    本倉 健・前田 恭吾・田 旺帝
    2016年12月20日~2016年12月21日, 柏
  • 第8回岩澤コンファレンス「サステイナブル社会のための最先端触媒化学・表面科学」
    "固体表面への触媒活性点集積による協奏効果の発現", 招待講演
    本倉 健
    2016年12月5日~2016年12月6日, 名古屋
  • 第118回触媒討論会
    "シリカ表面に固定したPdホスフィン錯体と有機塩基による協同触媒作用機構", 口頭発表
    本倉 健・斎藤 功紀・野田 寛人・田 旺帝・宮地 輝光・山口 渉・馬場 俊秀
    2016年9月21日~2016年9月23日, 盛岡
  • 第1回東日本キャタリシスセミナー
    "活性点集積型触媒による高効率有機反応", 招待講演
    本倉 健
    2016年9月15日~2016年9月17日, 福島
  • 第10回九州シンクロトロン光研究センター研究成果報告会
    "固定化錯体触媒のXAFSによる構造解析と協同触媒作用の解明", 招待講演
    本倉 健
    2016年8月3日~2016年8月3日, 鳥栖
  • 日本化学会 第97春季年会
    "シリカ表面へのRh錯体と第三級アミンの同時固定によるヒドロシリル化反応における協奏的触媒作用", 口頭発表
    本倉 健・前田 恭吾・田 旺帝
    2016年3月16日~2016年3月19日, 神奈川

受賞

  • 「東工大挑戦的研究賞」
    受賞者:本倉 健
    贈呈元:東京工業大学
    受賞日:2016年8月

媒体掲載

  • 科学新聞(1面), 新聞
    「東工大グループ 固定化ロジウム触媒開発 触媒活性指標の回転数 1桁大きい190万回実現」
    本倉 健、前田 恭吾, 2017年7月7日
  • 化学工業日報(12面), 新聞
    「東工大 触媒回転数1ケタ向上 固定化Rh触媒を開発」
    本倉 健, 2017年6月21日
  • Bulletin of the Chemical Society of Japan, カバーピクチャ
    「Development of Multi-Active Site Catalysts for Surface Concerted Catalysis Aimed at One-Pot Synthesis」
    Motokura, K., 2017年3月
    PDF File

アウトリーチ

  • 小・中・高向け授業・実験・実習
    本倉 健, 模擬授業, 学校法人山崎学園 富士見中学高等学校
    東京, 2017年6月15日~2017年6月15日
  • 小・中・高向け授業・実験・実習
    本倉 健, 模擬授業, 都立南多摩中等教育学校
    東京, 2016年10月19日~2016年10月19日