文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

橋本 卓也 » English

所属 千葉大学大学院理学研究院
役職 特任准教授
専門分野 有機合成化学
研究キーワード 酸・塩基・ラジカル触媒化学
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会

概要

本研究では、ホウ素・セレンといった典型元素の触媒活性を最大限に活用する新しい不斉反応場の開発を行い、それら元素でしか成し得ないような新しい精密有機合成の実現を目指します。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Alkylative Kinetic Resolution of Vicinal Diols Under Phase-transfer Conditions: a Chiral Ammonium Borinate Catalysis"
    Pawliczek, M.; *Hashimoto T.; *Maruoka, K .
    Chem. Sci., 2018, 9, 1231-1235

国内学会(会議)

  • 日本化学会第98春期年会
    "A chiral iodine catalyst for enantioselective hydrative dearomatization", 口頭発表
    SHIMAZAKI, Y.; OMATSU, Y.; HASHIMOTO, T.; MARUOKA, K.
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 日本化学会第98春期年会
    "キラル求電子的セレン触媒によるエナンチオ選択的アリル位クロロ化反応", 口頭発表
    長岡仁、橋本卓也、丸岡啓二
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 新学術4領域合同シンポジウム
    "典型元素を制御する精密反応場", 口頭発表
    橋本卓也
    2017年12月15日~2017年12月16日, 大阪
  • 千葉大学 講演会
    "新しい分子触媒デザインの探求", 招待講演
    橋本卓也
    2017年7月14日~2017年7月14日, 千葉
  • 東京農工大学 講演会
    "新しい分子触媒デザインの探求", 招待講演
    橋本卓也
    2017年5月19日~2017年5月19日, 小金井
  • 早稲田大学理工学術院 講演会
    "新しい分子触媒デザインの探求", 招待講演
    橋本卓也
    2017年5月19日~2017年5月19日, 東京
  • 日本化学会第97春季年会2017
    "インダノール骨格を有する新規キラルヨウ素触媒の創製", 口頭発表
    Shimazaki, Y.; Omatsu, Y.; Hashimoto, T.; Maruoka, K.
    2017年3月16日~2017年3月19日, 横浜市
  • 日本化学会第97春季年会2017
    "キラルセレン触媒を用いた光学活性アミド合成法の開発", 口頭発表
    Nagaoka, H.; Hashimoto, T.; Maruoka, K.
    2017年3月16日~2017年3月19日, 横浜市
  • 日本化学会第97春季年会2017
    "Enantioselective Williamson ether synthesis by chiral ammonium borate co-catalysis", 口頭発表
    Pawliczek, M.; Hashimoto, T.; Maruoka, K.
    2016年3月16日~2016年3月19日, 横浜市

受賞

  • 「Chemist Award BCA」
    受賞者:Takuya Hashimoto
    贈呈元:公益財団法人MSD生命科学財団
    受賞日:2016年11月19日