文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

有澤 光弘 » English

所属 大阪大学大学院薬学研究科
役職 准教授
HP http://gosei.sakura.ne.jp/gosei/
専門分野 有機合成化学、有機金属化学、創薬化学
研究キーワード ナノ粒子、自己組織的、in-situ ナノ空間制御法
所属学会・研究会 日本薬学会、日本化学会、近畿化学協会、有機合成化学協会、アメリカ化学会

概要

in-situ ナノ空間制御法を用いた機能性分子合成用金属ナノ粒子触媒の創製

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Ligand-Free Suzuki–Miyaura Coupling Using Ruthenium(0) Nanoparticles and a Continuously Irradiating Microwave System"
    Toshiki Akiyama, Takahisa Taniguchi, Nozomi Saito, Ryohei Doi, Tetsuo Honma, Yusuke Tamenori, Yuuta Ohki, Naoyuki Takahashi, Hiromichi Fujioka, Yoshihiro Sato, Mitsuhiro Arisawa
    Green Chem. , 2017, 19, in press
  • "One-pot Enyne Metathesis/Diels–Alder/Oxidation to Six-membered Silacycles with a Multi-ring Core: Discovery of Novel Fluorophores"
    Shohei Yoshioka, Yuki Fujii, Hirofumi Fujino, Tadayuki Uno, Hiromichi Fujioka, Mitsuhiro Arisawa
    ChemComm, 2017, 53, 5970 – 5973
  • "First asymmetric total synthesis and the structure insight of laurenidificin"
    Yusuke Yoshikawa, Maki Yamakawa, Tetsuya Kobayashi, Kunio Suzuki, Mitsuhiro Arisawa, Hiromichi Fujioka
    Eur. J. Org. Chem, 2017, 19, 2715-2718
  • "Cycloisomerization between Aryl Enol Ether and Silylalkynes under Ruthenium Hydride Catalysis: Synthesis of 2,3-Disubstituted Benzofurans"
    Shohei Ohno, Kohei Takamoto, Hiromichi Fujioka, Mitsuhiro Arisawa
    Org. Lett., 2017, 19, 2422-2425
  • "An Entry to Chiral 1,1,2,3-Tetrasubstituted Arylcyclopropanes by Pd(II)-Catalyzed Arylation via Directing Group-Mediated C(sp3)-H Activation"
    Naoyuki Hoshiya, Moemi Kondo, Hayato Fukuda, Mitsuhiro Arisawa, Jun'ichi Uenishi, Satoshi Shuto
    J. Org. Chem., 2017, 82, 2535–2544
  • "Cyclopropane-Based Peptidomimetics Mimicking Wide-Ranging Secondary Structures of Peptides: Conformational Analysis and Their Use in Rational Ligand Optimization"
    Akira Mizuno, Tomoshi Kameda, Tomoki Kuwahara, Hideyuki Endoh, Yoshihiko Ito, Shizuo Yamada, Kimiko Hasegawa, Akihito Yamano, Mizuki Watanabe, Mitsuhiro Arisawa, Satoshi Shuto
    Chem. Eur. J. , 2017, 23, 3156-3168
  • "Design and Synthesis of Cyclopropane Congeners of Resolvin E2, an Endogenous Proresolving Lipid Mediator, as Its Stable Equivalents"
    Fukuda, H; Muromoto, R.; Takakura, Y.; Ishimura, K.; Kanada, R.; Fushihara, D.; Tanabe, M.; Matsubara, K.; Hirao, T.; Hirashima, K.; Abe, Arisawa, M.; Matsuda, T.; Shuto, S.
    Org. Lett., 2016, 18, 6224–6227
  • "Design, Synthesis, and Identification of 4"α-azidoethyl-Cyclic ADP-Carbocyclic-Ribose as a Highly Potent Analogue of Cyclic ADP-Ribose, a Ca2+-mobilizing Second Messenger"
    Sato, T.; Watanabe, M.; Tsuzuki, T.; Takano, S.; Murayama, T.; Sakurai, T.; Kameda, T.; Arisawa, M.; Fukuda, H.; Shuto, S.
    J. Med. Chem. , 2016, 59, 7282 - 7286
  • "Highly Sensitive Measurement of Inositol 1,4,5-Trisphosphate by Using a New Fluorescent Ligand and Ligand Binding Domain Combination"
    Oura, T.; Murata, K.; Morita, T.; Nezu, A.; Arisawa, M.; Shuto, S.; Tanimura, A.
    ChemBioChem, 2016, 17, 1509 - 1512
  • "Redox Switching of Orthoquinone-Containing Aromatic Compounds using Gas Energy"
    Urakawa, K.; Sumimoto, M.; Arisawa, M.; Matsuda, M.; Ishikawa, H.
    Angew. Chem. Int. Ed. , 2016, 55, 7432–7436
  • "Identification of a Potent and Selective GPR4 Antagonist as a Drug Lead for the Treatment of Myocardial Infarction"
    Fukuda, H.; Ito, S.; Watari, K.; Mogi, Arisawa, M.; Okajima, F.; Kurose, H.; Shuto, S.
    ACS Med. Chem. Lett., 2016, 7, 493-497
  • "Self-assembled Multi-layer Stabilized Nickel Nanoparticle Catalyst for Ligand-free Cross-coupling Reactions: in situ Metal Nanoparticle and Nanospace Simultaneous Organization"
    Hoshiya, N.; Fujiki, K.; Taniguchi, T.; Honma, T,; Tamenori, Y.; Xiao, M.; Saito, N.; Yokoyama, M.; Ishii, A.; Fujioka, H.; Shuto, S.; Sato, Y.; Arisawa, M.
    Adv. Synth. Catal., 2016, 358, 2449-2459
  • "Non-metathesis Heterocycle Formation by Ruthenium-Catalyzed Intramolecular [2+2] Cycloaddition of Allenamide-enes to Azabicyclo[3.1.1]heptanes"
    Nada, T.; Yoneshige, Y.; Ii, Y.; Matsumoto, T.; Fujioka, H.; Shuto, S.; Arisawa, M.
    ACS Catalysis, 2016, 6, 3168–3171

著書

  • 「ヘテロ環の化学: 基礎と応用」
    Nakagawa, M.; Arisawa, M.
    「ヘテロ環の化学: 基礎と応用」, 東京化学同人, 2016

総説・解説

  • 「エナミドメタセシス反応を用いたインドメタシン誘導体の合成と多剤耐性抗がん剤への展開」 Arisawa, M., Biophila, 6, 29-39, 2017

国際会議

  • International Symposium on C-O Activation (ISCO-2016)
    "Palladium Nanoparticle-Catalyzed Carbon(sp2 and sp3)-Hydrogen Bond Functionalizations", Poster Presentation
    Takagi, K.; Al-Amin, M.; Hoshiya, N.; Sugimoto, H.; Shiro, Y.; Tobisu, M.; Chatani, N.; Shuto, S.; Arisawa, M.
    2016年10月25日~2016年10月27日, Himeji, Japan
  • 27th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2016)
    "Synthesis of novel polycyclic nitrogen-containing compounds via ruthenium-catalyzed one-pot metathesis non-metathesis reaction", Poster Presentation
    Fujii, Y.; Yamashita, K.; Yoshioka, S.; Shuto, S.; Fujioka, H.; Arisawa, M.
    2016年7月17日~2016年7月22日, Melbourne, Australia
  • 27th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2016)
    "Nickel-Catalyzed Hydrocarboxylation of Alkynes and Styrenes Using Sulfur-Modified Au-Supported Nickel Nanoparticles Catalyst", Poster Presentation
    Taniguchi, T.; Saito, N.; Hoshiya, N.; Fujiki, K.; Shuto, S.; Fujioka, H.; Arisawa M.; Sato, Y.
    2016年7月17日~2016年7月22日, Melbourne, Australia
  • 27th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2016)
    "Non-metathesis heterocycle formation by ruthenium-catalyzed intramolecular [2+2] cycloaddition of allenamide-enes to azabicyclo[3.1.1]heptanes", Oral Presentation
    Arisawa, M.; Yoneshige, Y.; Nada, T.; Shuto, S.; Fujioka, H.
    2016年7月17日~2016年7月22日, Melbourne, Australia
  • The 20th International Symposium on Homogeneous Catalysis (ISHC XX)
    "Ruthenium-Catalyzed 1,6-Enyne Cycloisomerization of Phenyl Enol Ether: Synthesis of 2,3-Disubstituted Benzofurans", Poster Presentation
    Ohno, S.; Takamoto, K.; Fujioka, H.; Arisawa, M.
    2016年7月10日~2016年7月15日, Kyoto, Japan
  • The 20th International Symposium on Homogeneous Catalysis (ISHC XX)
    "Non-Metathesis Heterocycle Formation by Ruthenium-Catalyzed Intramolecular [2+2] Cycloaddition of Allenamide-enes to Azabicyclo[3.1.1]heptanes", Poster Presentation
    Arisawa, M.; Yoneshige, Y.; Nada, T.; Ii, Y.; Shuto, S.; Fujioka, H.
    2016年7月10日~2016年7月15日, Kyoto, Japan
  • Molecular Chirality Asia 2016
    "Synthetic Study of Laurenidificin", Poster Presentation
    Yoshikawa,Y.; Yamakawa, M.; Kobayashi, T.;Arisawa, M.; Fujioka, H.
    2016年4月20日~2016年4月22日, Osaka, Japan

国内学会(会議)

  • 日本薬学会第137年会
    "Development of Highly Efficient Metal Nano-particle Catalyst toward Drug Discovery", 招待講演
    Arisawa, M.
    2017年3月24日~2017年3月27日, 仙台
  • 日本薬学会第137年会
    "ピリジン環への位置選択的トリフルオロメチル化反応の開発", 口頭発表
    Kuboki, Y.; Ohta, R.; Arisawa, M.; Fujioka, H.
    2017年3月24日~2017年3月27日, 仙台
  • 日本薬学会第137年会
    "鉄ナノ粒子触媒を用いたリガンドフリー熊田カップリング反応の開発", 口頭発表
    Akiyama, T.; Taniguchi, T.; Honma, T.; Tamenori, Y.; Sato, Y.; Fujioka, H.; Arisawa, M.
    2017年3月24日~2017年3月27日, 仙台
  • 日本薬学会第137年会
    "ホスホニウム塩中間体を用いた one-pot エーテル環合成法の開発", 口頭発表
    Morita, K.; Ohta, R.; Aoyama, H.; Arisawa, M.; Fujioka, H.
    2017年3月24日~2017年3月27日, 仙台
  • 明治薬科大学若手研究者講話会
    "機能性分子合成を指向した有機金属触媒並びにワンポット反応の開発", 招待講演
    Arisawa, M.
    2017年1月23日~2017年1月23日, 東京
  • 日本薬学会東海支部特別講演会
    "機能性分子合成を指向した有機金属触媒並びにワンポット反応の開発", 招待講演
    Arisawa, M.
    2017年1月20日~2017年1月20日, 岐阜
  • 第42回反応と合成の進歩シンポジウム
    "(+)-Laurenidificin の全合成と構造決定", ポスター発表
    Yoshikawa, Y.; Yamakawa, M.; Kobayashi, T.; Arisawa, M.; Fujioka, H.
    2016年11月7日~2016年11月8日, 静岡
  • 第42回反応と合成の進歩シンポジウム
    "芳香族エナミドの 1,6 −エニン環化異性化反応を用いた多置換インドール合成法の開発", ポスター発表
    Takamoto, K.; Hyogo, N.; Ohno, S.; Fujioka, H.; Arisawa, M.
    2016年11月7日~2016年11月8日, 静岡
  • 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会
    "β 位置換様式の異なるエノン間の識別的変換反応の開発とその応用", 口頭発表
    Morita, K.; Ohta, R.; Watanabe, K.; Aoyama, H.; Arisawa, M.; Fujioka, H.
    2016年10月15日~2016年10月15日, 高槻
  • 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会
    "Miyata, K.; Xiao, M.; Fujioka, H.; Arisawa, M.", 口頭発表
    置換オキシインドール及び置換 3,4-ジヒドロキノリノンの合成
    2016年10月15日~2016年10月15日, 高槻
  • 第66回 日本薬学会近畿支部総会・大会
    "芳香族エナミドを用いる多置換インドール合成法の開発", 口頭発表
    Takamoto, K.; Hyogo, N.; Ohno, S.; Fujioka, H.; Arisawa, M.
    2016年10月15日~2016年10月15日, 高槻
  • 第46回 複素環化学討論会
    "エノン存在下α,β不飽和エステル選択的変換法の開発と環状エーテル合成への応用", 口頭発表
    Morita, K.; Ohta, R.; Aoyama, H.; Arisawa, M.; Fujioka, H.
    2016年9月26日~2016年9月28日, 金沢
  • 第46回 複素環化学討論会
    "ルテニウムナノ粒子触媒を用いたリガンドフリー鈴木−宮浦反応の開発", ポスター発表
    Akiyama, T.; Honma, T.; Fujioka, H.; Sato, Y.; Arisawa, M.
    2016年9月26日~2016年9月28日, 金沢
  • 第 63 回 有機金属化学討論会
    "ルテニウムヒドリド触媒を用いたエノールエーテ ルの 1,6-エイン環化異性化反応の開発", ポスター発表
    Ohno, S.; Takamoto, K.; Fujioka, H.; Arisawa, M.
    2016年9月14日~2016年9月16日, 東京
  • 第 63 回 有機金属化学討論会
    "ノンメタセシス反応を利用したアザビシクロ[3.1.1]ヘプテンの合成;ルテニウム触媒を用いたアレナ ミドーエンの分子内[2+2]環化付加反応", ポスター発表
    Ii, Y.; Yoneshige, Y.; Nada, T.; Matsumoto, T.; Fujioka, H.; Shuto, S.; Arisawa, M.
    2016年9月14日~2016年9月16日, 東京
  • 熊本大学大学院自然科学研究科特別講演会
    "機能性分子合成を指向した有機金属触媒並びにワンポット反応の開発", 招待講演
    Arisawa, M.
    2016年9月8日~2016年9月8日, 熊本
  • 第36回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」
    "硫黄修飾金担持型ルテニウムナノ粒子触媒の開発とリガンドフリー鈴木−宮浦反応への応用", ポスター発表
    Akiyama, T.; Honma, T.; Fujioka, H.; Sato, Y.; Arisawa, M.
    2016年8月9日~2016年8月9日, 京都
  • 第36回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」
    "ケトホスホニウム塩形成を利用したエノン存在下でのα,βー不飽和エステルのオレフィン部位選択的変換法の開発", ポスター発表
    Morita, K.; Ohta, R.; Aoyama, H.; Arisawa, M.; Fujioka, H.
    2016年8月9日~2016年8月9日, 京都
  • 第14回次世代を担う有機化学シンポジウム
    "硫黄修飾金担持型ニッケル触媒SANiの開発と二酸化炭素固定化反応への利用", 口頭発表
    Taniguchi, T.; Saito, N.; Hoshiya, N.; Fujiki, K.; Shuto, S.; Fujioka, H.; Arisawa, M.; Sato, Y.
    2016年5月27日~2016年5月28日, 東京
  • 第14回次世代を担う有機化学シンポジウム
    "メタセシス/ノンメタセシス連続反応の開発とそれを用いた新規多環式含窒素ヘテロ環化合物の合成及び機能解析", 口頭発表
    Fujii, Y.; Yamashita, K.; Yoshioka, S.; Fujioka, H.; Shuto, S.; Arisawa, M.
    2016年5月27日~2016年5月28日, 東京

特許

  • 「Composite containing catalytic metal nanoparticles, and use for same」
    出願人:Japan Science and Technology Agency, Japan
    発明者:Arisawa, M.; Shuto, S.; Hoshiya, N.
    出願番号:JP 2016-114920
  • 「Composite containing catalytic metal nanoparticles, and use for same」
    出願人:Japan Science and Technology Agency, Japan
    発明者:Arisawa, M.; Shuto, S.; Hoshiya, N.
    出願番号:US 2016-14780616

受賞

  • 「日本薬学会 学術振興賞」
    受賞者:有澤光弘
    贈呈元:公益財団法人 日本薬学会
    受賞日:2017年3月24日

媒体掲載

  • Synfact, 雑誌記事
    「Kumada and Negishi Cross-Coupling on Gold-Supported Nickel Nanoparticles」
    Hoshiya, M.; Fujiki, K.; Taniguchi, T.; Honma, T.; Tamenori, Y.; Xiao, M.; Saito, N.; Yokoyama, M.; Ishii, A. Fujioka, H.; Shuto, S.; Arisawa, M., 2016年10月18日
    PDF File