文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

大木 靖弘 » English

所属 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)
役職 准教授
HP http://inorg.chem.nagoya-u.ac.jp/members/ohki/ohki-j-frame.html
専門分野 有機金属化学、生物無機化学、錯体化学
研究キーワード (1) ニトロゲナーゼ活性中心の構造・機能モデル、(2) 配位不飽和な有機金属錯体の合成と小分子活性化、(3) 鉄族金属クラスター分子の合成と反応
所属学会・研究会 日本化学会、錯体化学会、近畿化学協会、触媒学会、米国化学会

概要

本研究では、窒素固定化酵素ニトロゲナーゼの作用機序に関する独自考察に基づき、活性種に近い化学種を発生させるために最低限必要と考えられる要素を、二核有機金属錯体として、高い反応性を付与しつつ具現化する。合成した二核錯体は、主に窒素分子の還元反応に代表される高難度還元反応に用いる。また、領域内共同研究等を通して、高難度かつ直裁的な有機分子変換反応にも利用したい。