文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

西形 孝司 » English

所属 山口大学大学院創成科学研究科
役職 准教授
連絡先 Email
HP http://nisikata.chem.yamaguchi-u.ac.jp/
専門分野 有機合成化学、有機金属化学、ラジカル化学
研究キーワード アルキル化・アリール化・ラジカル・C–H官能基化
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、アメリカ化学会

概要

◆研究課題:
『芳香族近傍ラジカル反応場構築による高難度アルキル化反応開発』

◆研究内容:
芳香族C-H官能基化は高難度分子変換を象徴する研究課題であり、ここ20年ほどで芳香族C-H結合のsp2炭素による置換に関しては、主要な方法論がほぼ確立された。一方で、sp3炭素(アルキル化)、特に導入後の官能基変換が容易な“官能性第3級アルキル基”の芳香環への導入例は極めて少ない。我々は、α―ブロモカルボニルと銅の反応による金属近傍短寿命ラジカル種に関して研究しており、このラジカル種が配位子設計や基質の工夫により芳香族C-H結合のアルキル置換に有効であることが分かってきた。金属近傍ラジカル反応場を芳香環の近傍で創り出し、“芳香族近傍ラジカル反応場”という新しい高難度分子変換理論の確立を目指している。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Ppm Cu catalyst enables tert-alkylation followed by C-H cyclization to synthesize substituted oxindoles"
    K. Yoshinaga, N. Tsubaki, Y. Murata, N. Yushi, T. Nishikata*
    ACS omega, 2018, 3, 9020-9026
  • "Radical-Organometallic Hybrid Reaction System Enabling Couplings between Tertiary-Alkyl Groups and 1‑Alkenyl Groups"
    K. Nakamura, R. Hara, Y. Sunada, T. Nishikata*
    ACS Catal., 2018, 8, 6791-6795

国内学会(会議)

  • 第35回有機合成化学セミナー
    "α-ブロモカルボニルを第3級アルキル源とする多彩な合成化学", 招待講演
    西形孝司
    2018年9月18日~2018年9月20日, 山形
  • 中国四国地区錯体化学研究会
    "銅錯体とアルキルラジカル種の反応による立体的に込み合った分子合成", 招待講演
    西形孝司
    2018年4月28日~2018年4月28日, 高知

媒体掲載

  • ACS Catal., カバーピクチャ
    「Radical-Organometallic Hybrid Reaction System Enabling Couplings between Tertiary-Alkyl Groups and 1‑Alkenyl Groups」
    K. Nakamura, R. Hara, Y. Sunada, T. Nishikata*, 2018年8月4日
    PDF File
  • 科学新聞, 雑誌記事
    「1つの反応系で2つの活性種を使用可能」
    K. Nakamura, R. Hara, Y. Sunada, T. Nishikata*, 2018年6月29日
    PDF File
  • 化学工業日報, 新聞
    「新クロスカップリング」
    K. Nakamura, R. Hara, Y. Sunada, T. Nishikata*, 2018年6月19日