文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

芝原 文利 » English

所属 岐阜大学工学部化学・生命工学科
役職 准教授
連絡先 Email
HP https://www1.gifu-u.ac.jp/~murai_ap/murai_lab/Welcome.html
専門分野 有機金属化学、錯体化学、遷移金属触媒、有機典型元素化学、有機材料化学
研究キーワード 含窒素複素環カルベン・アクセプター性配位子・金属錯体・触媒反応
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会

概要

これまで分子設計上アクセプター性が犠牲になっていた含窒素複素環カルベン(NHC)に、適度なアクセプター性を発現させた“汎用な配位子ライブラリー”を創成し、遷移金属錯体触媒反応の新反応場を提供することを第一の目的に研究を進める。われわれはこれまで、イミダゾ[1,5-a]ピリジンから誘導されるカルベン(IPC)が、その構造的特徴から適度なアクセプター性を獲得していることを構造有機化学的考察から明らかにしてきた。また、この骨格の構造的特徴を利用すると、近年注目されているBachwald配位子と呼ばれるホスフィン配位子群と同等の立体環境構築が可能であり、申請者らがこれまで構築してきたイミダゾ[1,5-a]ピリジンの官能基化法を利用すれば、期待する構造をもつ化合物群の合成も容易であることがわかってきた。さらに、イミダゾピリジン平面と錯体配位平面の二面角を制御すれば、アクセプター性軌道と金属の充填d軌道の重なりが制御できる、すなわち逆供与の度合いを調整できる可能性にも気がついた。本研究では、これら知見を組み合わせた、遷移金属錯体触媒様の配位子としてより効率的に働く様々な配位子ライブラリーを構築していき、それらの触媒配位子としての性質を明らかにしていく。