文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

五月女 宜裕 » English

所属 理化学研究所、袖岡有機合成化学研究室
役職 専任研究員
HP http://soc.riken.jp
専門分野 有機合成化学、不斉触媒、ケミカルバイオロジー
研究キーワード 遷移金属錯体、金属中心キラリティー、不斉触媒、分子状酸素、タンパク質メチル化
所属学会・研究会 日本化学会、日本薬学会、有機合成化学協会、アメリカ化学会、日本ケミカルバイオロジー学会、近畿化学協会

概要

本研究課題では、我々が見出した『歪み』と『金属中心キラリティー』を内包する遷移金属錯体を多点精密反応場として捉え、実験化学・理論化学の融合によりその制御機構に迫ります。更には、中心金属・不斉配位子を改変することで、金属キラリティー内包型錯体の反応性・立体選択性・化学選択性を精密に制御し、従来の触媒では実現することが困難な高難度物質変換を実現します。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Naked d-orbital in a centrochiral Ni(II) complex as a catalyst for asymmetric [3+2] cycloaddition"
    *Sohtome, Y.; Nakamura, G.; Muranaka, A.; *Hashizume, D.; Lectard, S.; Tsuchimoto, T.; Uchiyama, M.; *Sodeoka, M.
    Nat. Commun., 2017, 8, 14875
  • "Catalytic Enantioselective [3+2] Cycloaddition of α‐Keto Ester Enolates and Nitrile Oxides"
    Bartlett, S. L.; *Sohtome, Y.; Hashizume, D.; White, P. S.; Sawamura, M.; *Johnson, J. S.; *Sodeoka, M.
    J. Am. Chem. Soc., 2017, 139, 8661-8666