文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

椴山 儀恵 » English

所属 分子科学研究所、総合研究大学院大学
役職 准教授
連絡先 Email
HP https://groups.ims.ac.jp/organization/momiyama_g/index.html
専門分野 有機合成化学
研究キーワード 有機分子変換、分子性触媒、ハロゲン結合、キラル分子、超分子、高分子
所属学会・研究会 日本化学会、アメリカ化学会、有機合成化学協会、ヨウ素学会

概要

ハロゲン結合を活用する有機分子触媒の高分子固定化とキラル反応場の構築

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Hydrogen Bonds-Enabled Design of a C1-Symmetric Chiral Brønsted Acid Catalyst"
    *Momiyama, N.; Funayama, K.; Noda, H.; Yamanaka, M.; Akasaka, N.; Ishida, S.; Iwamoto, T.; *Terada, M.
    ACS Catal., 2016, 6, 949-956
  • "Perfluorinated Aryls in the Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts: Catalysis of Enantioselective [4+2] Cycloadditions and Ene–Reactions of Imines with Alkenes by Chiral Mono-Phosphoric Acids with Perfluoroaryls"
    *Momiyama, N.; Okamoto, H.; Kikuchi, J.; Korenaga, T.; *Terada, M.
    ACS Catal., 2016, 6, 1198-1204
  • "Molecular Design of a Chiral Brønsted Acid with Two Different Acidic Sites: Regio-, Diastereo-, and Enantioselective Hetero-Diels–Alder Reaction of Azopyridinecarboxylate with Amidodienes Catalyzed by Chiral Carboxylic Acid–Monophosphoric Acid
    "
    *Momiyama, N.; Tabuse, H.; Noda, H.; Yamanaka, M.; Fujinami, T.; Yamanishi, K.; Izumiseki, A.; Funayama, K.; Egawa, F.; Okada, S.; Adachi, H.; *Terada, M.
    J. Am. Chem. Soc., 2016, 138, 11353-11359

総説・解説

  • 「Noncovalent Interactions in the Design of Chiral Brønsted Acid Catalysts」 *Momiyama, N. , Noncovalent Interactions in Catalysis, none, 209-231, 2019

国際会議

  • 第4回精密制御反応場国際シンポジウム
    "Development of Organocatalyst based on the Halogen Bond", Poster Presentation
    Momiyama, N.; Izumiseki, A.; Nakashima, F.; Yamanishi, K.; Watanabe, T.; Hori, T.; Ohtsuka, N.; Fujinami, T.
    2019年12月3日~2019年12月5日, 奈良, 日本
  • International Joint Symposium on Synthetic Organic Chemistry
    "Development of Polymer-Immobilized Nucleophilic Catalyst via Halogen Bond", Poster Presentation
    Hori, T.; Yamanishi, K.; Watanabe, T.; Fujinami, T.; Momiyama, N.
    2019年11月21日~2019年11月23日, Awaji Island, Japan
  • International Joint Symposium on Synthetic Organic Chemistry
    "Development of Highly Efficient Iodonium Complex Catalyst Utilizing Three-center Four-electron Halogen-Bond", Poster Presentation
    Fujinami,T.; Oishi, S.; Masui, Y.; Suzuki, T.; Momiyama, N.
    2019年11月21日~2019年11月23日, Awaji Island, Japan
  • International Joint Symposium on Synthetic Organic Chemistry
    "Perfluorinated Iodoaryls as Efficient Anion Binding Catalysts based on Halogen- and Hydrogen Bonding", Poster Presentation
    Izumiseki, A.; Yang, T.; Ehara, M.; Nakashima,F.; Tsuzuki, S.; Kato, M.; Fujinami, T.; Ohtsuka,N.; Momiyama, N.
    2019年11月21日~2019年11月23日, Awaji Island, Japan
  • The 8th International Meeting on Halogen Chemistry
    "Anion-Binding Catalysis via Hydrogen and/or Halogen Bonding", Invited Lecture
    Norie Momiyama
    2017年9月12日~2017年9月15日, Aichi, Inuyama, Japan
  • International Symposium on Our and Applied Chemistry 2017
    "Anion Transport Catalysis via Halogen Bond Interaction", Invited Lecture
    Norie Momiyama
    2017年6月8日~2017年6月10日, Ho Chi Minh City, Vietynam

国内学会(会議)

  • 日本化学会第100春季年会
    "2-(2-ヨードペルフルオロフェニルエチニル)ピリジンを母骨格とするハロゲ ン結合供与体触媒の開発", 口頭発表
    加藤 雅之、藤波 武、椴山 儀恵
    2020年3月22日~2020年3月25日, 野田
  • 日本化学会第100春季年会
    "1,2-ビス(2-ピリジルエチニル)ベンゼンを配位子とするヨードニウム錯体触 媒の開発", 口頭発表
    大石 峻也、藤波 武、椴山 儀恵
    2020年3月22日~2020年3月25日, 野田
  • 日本化学会第100春季年会
    "三中心四電子ハロゲン結合を活用した高活性有機ルイス酸ヨウ素錯体触媒 の創製", 口頭発表
    藤波 武、大石 峻也、椴山 儀恵
    2020年3月22日~2020年3月25日, 野田
  • 日本化学会第100春季年会
    "Development of Novel π-Extended Halogen Bond Donor : Synthesis and Application of Perfluorinated Iodoperylene", 口頭発表
    OHTSUKA, Naoya; OTA, Hino; SUZUKI, Toshiyasu; MOMIYAMA, Norie
    2020年3月22日~2020年3月25日, 野田
  • 日本化学会第100春季年会
    "ハロゲン結合を鍵とする高分子固定化求核触媒の開発", 口頭発表
    堀 達暁、藤波 武、椴山 儀恵
    2020年3月22日~2020年3月25日, 野田
  • 日本化学会第100春季年会
    "ヨウ化ペルフルオロベンジルエステル骨格を有するオリゴマー型ハロゲン 結合供与体触媒の開発", 口頭発表
    菅原 湧斗、大塚 尚哉、椴山 儀恵
    2020年3月22日~2020年3月25日, 野田
  • 第22回ヨウ素学会シンポジウム
    "新規π拡張型ペルフルオロヨードアレーンの合成と応用", ポスター発表
    大塚尚哉、杉浦聡、大田陽野、鈴木敏泰、椴山儀恵
    2019年8月30日~2019年8月30日, 千葉
  • 新学術領域「精密制御反応場」第7回公開シンポジウム
    "ハロゲン結合を基盤とする精密制御反応場の創成に向けて", 口頭発表
    椴山儀恵
    2019年5月16日~2019年5月17日, 仙台
  • 日本化学会第99春季年会
    "オニウム三ヨウ化物を有機ルイス酸-塩基触媒として用いた炭素ー炭素結合形 成反応", 口頭発表
    藤波武、椴山儀恵
    2019年3月16日~2019年3月19日, 神戸市
  • 日本化学会第99春季年会
    "ビスピリジンヨードニウム塩を有機ルイス酸錯体触媒として用いる向山アル ドール反応", 口頭発表
    桝井悠、藤波武、泉関督人、椴山儀恵
    2019年3月16日~2019年3月19日, 神戸市
  • 日本化学会第99春季年会
    "パラ位の置換基効果によるヨウ化ペルフルオロベンゼンのハロゲン結合供与 能と触媒活性", 口頭発表
    泉関督人、椴山儀恵
    2019年3月16日~2019年3月19日, 神戸市
  • 第63回触媒化学融合研究センター講演会
    "ハロゲン結合を活用する有機分子変換システム創成", 招待講演
    椴山 儀恵
    2018年12月7日~2018年12月7日, つくば市
  • 日本化学会第98春季年会
    "ハロゲン結合を鍵とするDMAPインプリント高分子触媒による水中でのベンゾフラノンのアシル基転移反応", 口頭発表
    渡辺拓、山西克典、椴山儀恵
    2018年3月20日~2018年3月23日, 千葉県船橋市
  • 日本化学会第98春季年会
    "ヨウ化ペンタフルオロベンゼンによるN-ヘテロ芳香環化合物のアリル 化、クロチル化、プレニル化反応の反応機構解明", 口頭発表
    泉関督人、中嶋史雄、YANG Tao、江原正博、都築誠二、椴山儀恵
    2018年3月20日~2018年3月23日, 千葉県船橋市
  • 日本化学会第98春季年会
    "ハロゲン結合供与体を骨格に持つ高分子化合物の合成と触媒反応への応用", 口頭発表
    山西克典、渡辺拓、椴山儀恵
    2018年3月20日~2018年3月23日, 千葉県船橋市
  • 日本化学会第98春季年会
    "ジヨウ化ペルフルオロアリールを母骨格とするハロゲン結合供与体触媒の合成と機能評価", 口頭発表
    中嶋史雄、泉関督人、椴山 儀恵
    2018年3月20日~2018年3月3日, 千葉県船橋市
  • 統合物質創製化学推進機構第3回国内シンポジウム
    "ハロゲン結合とペルフルオロアリールで拓く合成化学", 招待講演
    椴山儀恵
    2017年10月31日~2017年10月31日, 京都府宇治市

特許

  • 「ピリジン誘導体担持高分子及びこれを用いた転移反応」
    出願人:大学共同利用機関法人自然科学研究機構
    発明者:椴山儀恵、山西克典、渡辺拓
    出願番号:特願2018-087046
  • 「環上に置換基を有する含窒素環状化合物の製造方法」
    出願人:大学共同利用機関法人自然科学研究機構
    発明者:椴山儀恵、泉関督人
    出願番号:特願2016-253620