文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

イリエシュ ラウレアン » English

所属 東京大学大学院理学系研究科 化学専攻
役職 准教授
連絡先 Email
HP http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/users/common/NakamuraLab.html
専門分野 有機合成化学,有機金属化学
研究キーワード 鉄触媒,C-H活性化反応
所属学会・研究会 日本化学会,有機合成化学協会,日本プロセス科学会

概要

C-H結合活性化反応は元素効率と工程数効率の観点から効率の高い反応であるが,現在までの多くの反応は希少または毒性を持った金属触媒が必要であった.我々はこの問題を解決するため,地球上に豊富に存在し毒性もない鉄に着目した.しかし,鉄の化学には多様なスピン状態と素早い系間交差がつきものであり,このことが有機鉄触媒化学の発展を妨げてきた.我々はこの問題に果敢に取り組み,配位子設計により様々はアミド化合物の直接変換反応を開発した.この知見に基づき,さらなる配位子設計により,鉄触媒を用いたシンプルなアレーン及びヘテロアレーン基質の直接変換反応開発を目指している.

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Iron-Catalyzed Borylation of Aryl Chlorides in the Presence of Potassium t-Butoxide"
    Yoshida, T.; Ilies, L.; Nakamura E.
    ACS Catalysis, 2017, 7, 3199-3203
  • "Iron-Catalyzed ortho C-H Functionalization of Aromatics Bearing a Simple Carbonyl Group with Methylaluminum and Tridentate Phosphine Ligand"
    Shang, R.; Ilies, L.; Nakamura E.
    Journal of the American Chemical Society, 2016, 138, 10132-10135

著書

  • 「Iron-Catalyzed C-H Bond Activation」
    Ilies, L.; Nakamura E.
    「Topics in Organometallic Chemistry: C-H Bond Activation and Catalytic Functionalization II」,Dixneuf, P. H.; Doucet. H., Springer Berlin Heidelberg , 2016, 1-18

総説・解説

  • 「Iron-Catalyzed C-H Bond Activation」 Shang, R.; Ilies, L.; Nakamura E., Chem. Rev., 117, 9086–9139, 2017
  • 「Iron-Catalyzed C-H Bond Activation」 Laurean Ilies, Journal of Organic Synthetic Chemistry, Japan, 75, 802-809, 2017

国際会議

  • International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017
    "Iron-Catalyzed C–H Bond Activation of Simple Substrates", Invited Lecture
    Ilies, L., Nakamura, E.
    2017年6月8日~2017年6月10日, Ho Chi Minh, Vietnam
  • The 2nd International Symposium of “Precisely Design Catalysts with Customized Scaffolding”
    "Iron-Catalyzed Activation of Simple Substrates", Oral Presentation
    Ilies, L.; Nakamura, E.
    2017年5月12日~2017年5月13日, Osaka, Japan
  • The 27th International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2016)
    "Development of High-Valent Iron Catalysis for C-H Bond Activation", Oral Presentation
    Ilies, L.
    2016年7月17日~2016年7月22日, Melbourne, Australia

国内学会(会議)

  • 第5回 慶應有機化学若手シンポジウム
    "Iron-Catalyzed C–H Bond Activation", 招待講演
    Ilies, L.
    2017年4月22日~2017年4月22日, 東京
  • 日本化学会第97春季年会
    "Iron-Catalyzed Synthesis of Indenones through Cyclization of Carboxamides with Alkynes", 口頭発表
    Ilies, L.; Arslanoglu, Y.; Matsubara, T.; Nakamura E.
    2017年3月16日~2017年3月19日, 横浜
  • 第27回神奈川大学平塚シンポジウム
    "Taming Iron for Catalytic C–H Bond Activation", 招待講演
    Ilies, L.
    2017年3月4日~2017年3月4日, 平塚
  • 第33回有機合成化学セミナー
    "Iron-Catalyzed C–H Bond Activation", 招待講演
    Ilies L.
    2016年9月6日~2016年9月8日, ニセコ

媒体掲載

  • Synform, 雑誌記事
    「Young Career Focus: Professor Laurean Ilies」
    Ilies L., 2016年8月

学会運営

  • 「Chemistry: A Bridge between Molecular and Real Worlds」
    国際会議, chairman, 2016年7月3日~2016年7月3日, Tokyo, The Nakamura Group Alumni
  • 「Symposium on Frontiers of Molecular Science and Technology」
    国際会議, chairman, 2016年7月2日~2016年7月2日, Tokyo, 東京大学総括プロジェクト機構 「革新分子技術」総括寄付講座

アウトリーチ

  • 小・中・高向け授業・実験・実習
    実験担当, 東京大学
    東京, 2016年8月25日~2016年8月25日
  • 一般向け講演会・セミナー
    講演者, 長野県屋代高等学校
    長野県千曲市, 2016年5月10日~2016年5月10日