文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

藤田 健一 » English

所属 京都大学大学院人間・環境学研究科
役職 教授
HP http://www.greenchem.h.kyoto-u.ac.jp/
専門分野 有機金属化学、有機合成化学
研究キーワード イリジウム、触媒、脱水素、水素移動
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会、アメリカ化学会

概要

機能性配位子による金属錯体反応場の制御と高難度脱水素化反応における活用

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Dehydrogenative Oxidation of Alcohols in Aqueous Media Catalyzed by a Water-Soluble Dicationic Iridium Complex Bearing a Functional N-Heterocyclic Carbene Ligand without Using Base"
    Fujita, K.; Tamura, R.; Tanaka, Y.; Yoshida, M.; Onoda, M.; Yamaguchi, R.
    ACS Catal., 2017, 7, 7226
  • "Reversible Interconversion between 2,5-Dimethylpyrazine and 2,5-Dimethylpiperazine by Iridium-Catalyzed Hydrogenation/Dehydrogenation for Efficient Hydrogen Storage"
    Fujita, K.; Wada, T.; Shiraishi, T.
    Angew. Chem. Int. Ed., 2017, 56, 10886
  • "Synthesis of a Series of Iridium Complexes Bearing Substituted 2-Pyridonates and Their Catalytic Performance for Acceptorless Dehydrogenation of Alcohols under Neutral Conditions"
    Yamaguchi, R.; Kobayashi, D.; Shimizu, M.; Fujita, K.
    J. Organomet. Chem., 2017, 843, 14
  • "Synthesis of Coordinatively Unsaturated Iridium Complexes Having Functional 8-Quinolinolato Ligands: New Catalysts for Dehydrogenative Oxidation of Alcohols in Aqueous Media"
    Toyomura, K.; Fujita, K.
    Chem. Lett., 2017, 46, 808

総説・解説

  • 「イリジウム錯体触媒による脱水素化反応を活用する水素製造法ならびに水素貯蔵システムの開発」 藤田健一, Organometallic News, 2017, No. 2, 46

国際会議

  • The 19th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis
    "Reversible Dehydrogenation and Hydrogenation of Nitrogen Heterocycles Catalyzed by an Iridium Complex Bearing a Functional Ligand", Poster Presentation
    Fujita, K.; Wada, T.
    2017年6月25日~2017年6月29日, Jeju, Korea
  • 2nd International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding
    "Reversible Dehydrogenation and Hydrogenation of Nitrogen Heterocycles Catalyzed by an Iridium Complex for the Storage of Hydrogen", Poster Presentation
    Fujita, K.; Wada, T.
    2017年5月12日~2017年5月13日, Osaka, Japan
  • International Symposium in Catalysis and Fine Chemicals 2016 (C&FC 2016)
    "Hydrogen Production from a Methanol-Water Solution Catalyzed by an Iridium Complex Bearing a Functional Ligand", Invited Lecture
    Fujita, K.
    2016年11月10日~2016年11月14日, Taipei, Taiwan
  • 20th International Symposium on Homogeneous Catalysis (ISHCXX)
    "Hydrogen Production from a Methanol-Water Solution Catalyzed by an Iridium Complex Bearing a Functional Ligand under Mild Conditions", Poster Presentation
    Fujita, K.; Kawahara, R.; Aikawa, T.; Yamaguchi, R.
    2016年7月10日~2016年7月15日, Kyoto, Japan

国内学会(会議)

  • 第50回有機金属若手の会夏の学校
    "機能性配位子を持つ脱水素化錯体触媒の開発とその活用", 招待講演
    藤田健一
    2017年8月7日~2017年8月7日, 札幌
  • 日本化学会第97春季年会
    "機能性配位子を有するイリジウム錯体触媒を用いた高難度脱水素化反応の開発(特別企画講演)", 口頭発表
    藤田健一
    2017年3月16日~2017年3月19日, 横浜
  • 第13回触媒相模セミナー
    "機能性配位子を持つイリジウム錯体による触媒的脱水素化反応", 招待講演
    藤田健一
    2016年11月17日~2016年11月18日, 神奈川
  • 近畿化学協会有機金属部会平成28年度第3回例会
    "イリジウム触媒による水素移動ならびに脱水素化を基軸とする分子変換", 招待講演
    藤田健一
    2016年10月11日~2016年10月11日, 名古屋
  • 錯体化学会第66回討論会
    "機能性配位子を有するイリジウム錯体触媒を用いた多価アルコールからの水素発生反応", ポスター発表
    藤田健一, 永野祐大
    2016年9月10日~2016年9月12日, 福岡

受賞

  • 「長瀬研究振興賞」
    受賞者:藤田健一
    贈呈元:長瀬科学技術振興財団
    受賞日:2017年4月21日

媒体掲載

  • 化学工業日報, 新聞
    「京大 ― 水に溶け扱いやすく ― アルコール酸化の新触媒」
    藤田健一, 2017年10月4日
  • 日本経済新聞(online), 新聞
    「京大、アルコールの脱水素的酸化を効率的に進行させる新規触媒を開発」
    藤田健一, 2017年9月29日
  • BIGLOBEニュース, その他
    「有機ハイドライドを用いて同一触媒での高効率な水素貯蔵・放出を実現 - 京大」
    藤田健一, 2017年8月1日
  • マイナビニュース, その他
    「有機ハイドライドを用いて同一触媒での高効率な水素貯蔵・放出を実現 - 京大」
    藤田健一, 2017年8月1日
  • 日本経済新聞(online), 新聞
    「京大、イリジウム触媒を用いた安全・効率的な水素貯蔵システムを開発」
    藤田健一, 2017年7月31日

アウトリーチ

  • プレスリリース
    新しい脱水素的酸化触媒系の開発に関する研究成果説明, 京都大学
    京都市, 2017年9月25日~2017年9月25日
  • プレスリリース
    新しい水素貯蔵システムの開発に関する研究成果説明, 京都大学
    京都市, 2017年7月31日~2017年7月31日
  • 小・中・高向け授業・実験・実習
    藤田健一, 京都大学見学会(大阪府立天王寺高等学校)における「精密制御反応場」領域の研究に関連する講演, 京都大学総合人間学部
    京都, 2017年6月9日~2017年6月9日
  • 小・中・高向け授業・実験・実習
    藤田健一, 京都大学見学会(大阪府立天王寺高等学校)における「精密制御反応場」領域の研究に関連する講演, 京都大学総合人間学部
    京都, 2016年6月10日~2016年6月10日