文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

岩澤 伸治 » English

所属 東京工業大学大学院理工学研究科
役職 教授
HP http://www.chemistry.titech.ac.jp/~iwasawa/index.html
専門分野 有機合成化学、有機金属化学
研究キーワード 有機合成化学、遷移金属錯体、触媒反応
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、アメリカ化学会

概要

◆研究課題:
『多座配位子の創出に基づく金属錯体反応場の構築と新反応開発』

◆研究内容:
現在準備中です。

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Visible Light-Driven Carboxylation of Aryl Halides by the Combined Use of Palladium and Photoredox Catalysts"
    Shimomaki, K.; Murata, K.; Martin R.; Iwasawa, N.
    J. Am. Chem. Soc., 2017, 139, 9467-9470
  • "Synthesis, Structure, and Catalysis of Palladium Complexes Bearing a Group 13 Metalloligand: Remarkable Effect of an Aluminum-Metalloligand in Hydrosilylation of CO2"
    Takaya, J.; Iwasawa, N.
    J. Am. Chem. Soc., 2017, 139, 6074–6077
  • "Metallic Reductant-Free Synthesis of α-Substituted Propionic Acid Derivatives through Hydrocarboxylation of Alkenes with Formate Salt"
    Takaya, J.; Miyama, K.; Zhu, C.; Iwasawa, N.
    Chem. Commun., 2017, 53, 3982-3985
  • "Construction of a Visible Light-Driven Hydrocarboxylation Cycle of Alkenes by the Combined Use of Rh(I) and Photoredox Catalysts"
    Murata, K.; Numasawa, N.; Shimomaki, K.; Takaya, J.; Iwasawa, N.
    Chem. Commun., 2017, 53, 3098-3101
  • "Mechanistic Study of the Rhodium-Catalyzed Carboxylation of Simple Aromatic Compounds with Carbon Dioxide"
    Suga, T.; Saitou, T.; Takaya J.; Iwasawa, N.
    Chem. Sci., 2017, 8, 1454-1462
  • "Re(I)-Catalyzed Generation of α,β-Unsaturated Carbene Complex Intermediates from Propargyl Ethers for Preparation of Cycloheptadiene Derivatives"
    Sogo, H.; Iwasawa, N.
    Angew. Chem. Int. Ed., 2016, 55, 10057-10060
  • "Total Synthesis of (±)-Integrifolin"
    Shimomaki, K.; Kusama, H.; Iwasawa, N.
    Chem. Eur. J., 2016, 22, 9953-9957
  • "Total Synthesis of Englerin A Utilizing Intermolecular [3+2] Cycloaddition Reaction of Platinum-Containing Carbonyl Ylide"
    Kusama, H.; Tazawa, A.; Ishida, K.; Iwasawa, N.
    Chem. Asian J., 2016, 11, 64-67
  • "Fluorine-Controlled C–H Borylation of Arenes Catalyzed by PSiN-Pincer Platinum Complex"
    Takaya, J.; Ito, S.; Nomoto, H.; Saito, N.; Kirai, N.; Iwasawa, N.
    Chem. Commun., 2015, 51, 17662-17665
  • "Total Synthesis of Proposed Structure of Yuremamine and All Diastereomers Using [3+2]-Cycloaddition of Platinum-Containing Azomethine Ylide"
    Ohyama, T.; Uchida, M.; Kusama, H.; Iwasawa, N.
    Chem. Asian J., 2015, 10, 1850-1853

国際会議

  • 9th Asian-European Symposium on Metal-Mediated Efficient Organic Synthesis
    "Reductants for Hydrocarboxylation Reactions ", Invited Lecture
    Iwasawa, N.
    2016年9月4日~2016年9月7日, Stockholm, Sweden

国内学会(会議)

  • 第119回触媒討論会 特別シンポジウム
    "遷移金属触媒を用いた二酸化炭素との 炭素−炭素結合形成反応の開発 ", 招待講演
    岩澤伸治
    2017年3月22日~2017年3月22日, 東京
  • 日本化学会第97春季年会 特別企画
    "二酸化炭素固定化反応における還元手法の開発 ", 招待講演
    岩澤伸治
    2017年3月19日~2017年3月19日, 横浜
  • 有機合成化学ミニシンポジウム
    "遷移金属触媒を用いる カルボキシル化反応の開発 ", 招待講演
    岩澤伸治
    2016年11月14日~2016年11月14日, 千葉
  • 第110回有機合成シンポジウム
    "α、β−不飽和カルベン活性種の簡便な発生法とその利用", 招待講演
    岩澤伸治
    2016年11月10日~2016年11月11日, 東京
  • 有機金属の大潮流
    "新しい反応活性種創製法の開発", 招待講演
    岩澤伸治
    2016年9月2日~2016年9月3日, 岡崎
  • 日本化学会第96春季年会
    "CO2を用いる炭素-水素結合の直接カルボキシル化反応 ", 招待講演
    岩澤 伸治
    2015年3月24日~2015年3月27日, 京都

受賞

  • 「文部科学大臣表彰「科学技術賞(研究部門)」」
    受賞者:岩澤伸治
    贈呈元:文部科学省
    受賞日:2016年4月12日

媒体掲載

  • Chem. Commun. 2015, 51, 17662-17665., カバーピクチャ
    「Fluorine-Controlled C–H Borylation of Arenes Catalyzed by PSiN-Pincer Platinum Complex 」
    Takaya, J.; Ito, S.; Nomoto, H.; Saito, N.; Kirai, N.; Iwasawa, N. , 2015年12月
    PDF File