文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

河内 卓彌 » English

所属 慶應義塾大学理工学部化学科
役職 准教授
連絡先 Email
HP http://www.chem.keio.ac.jp/department/staff/detail_30.html
専門分野 有機金属化学、有機合成化学、錯体化学、高分子合成化学
研究キーワード 金属触媒・チェーンウォーキング・不斉触媒反応・sp3 C–H官能基化
所属学会・研究会 日本化学会、有機合成化学協会、高分子学会、アメリカ化学会

概要

チェーンウォーキングを活用したプロキラルなメチレンの不斉官能基化

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Selective Monoarylation of Aromatic Ketones and Esters via Cleavage of Aromatic Carbon-Heteroatom Bonds by Trialkylphosphine Ruthenium Catalysts"
    Kondo, H.; Kochi, T.; Kakiuchi, F.
    Org. Lett., 2017, 19(4), 794-797
  • "Ruthenium-Catalyzed Ortho C-H Arylation of Aromatic Nitriles with Arylboronates and Observation of Partial Para Arylation"
    Koseki, Y.; Kitazawa, K.; Miyake, M.; Kochi, T.; Kakiuchi, F.
    J. Org. Chem., 2017, , accepted
  • "Syntheses of RuHCl(CO)(PAr3)3 and RuH2(CO)(PAr3)3 Containing Various Triarylphosphines and Their Use for Arylation of Sterically Congested Aromatic C-H Bonds"
    Ogiwara, Y.; Miyake, M.; Kochi, T.; Kakiuchi, F.
    Organometallics, 2017, 36(1), 159-164
  • "Synthesis and Reactivity of Phosphine-Quinolinolato Rhodium Complexes: Intermediacy of Vinylidene and (Amino)carbene Complexes in the Catalytic Hydroamination of Terminal Alkynes"
    Takano, S; Kochi, T.; Kakiuchi, F.
    Organometallics, 2016, 35(24), 4112-4125

国内学会(会議)

  • 第33回有機合成化学セミナー
    "革新的な物質活性化法を駆使した新しい触媒的分子変換法の開発", 招待講演
    河内卓彌
    2016年9月6日~2016年9月8日, ニセコ