文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

荒井 孝義 » English

所属 千葉大学大学院理学研究院化学研究部門
役職 教授
連絡先 Email
HP http://synthesis.chem.chiba-u.jp/
専門分野 有機合成化学
研究キーワード 触媒的不斉合成
所属学会・研究会 日本化学会、日本薬学会、アメリカ化学会、有機合成化学協会、ヨウ素学会、希土類学会

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Dinuclear PhosphoiminoBINOL-Pd Container for Malononitrile: Catalytic Asymmetric Double Mannich Reaction for Chiral 1,3-Diamine Synthesis."
    *Arai, T.; Sato, K.; Nakamura, A.; Makino, H.; Masu, H.
    Scientific Reports, 2018, 8, 837
  • "Anti-cancer Effects of MW-03, a Novel Indole Compound, by Inducing 15-Hydroxyprostaglandin Dehydrogenase and Cellular Growth Inhibition in the LS174T Human Colon Cancer Cell Line. "
    Seira, N.; Yanagisawa, N.; Suganami, A.; Honda, T.; Wasai, M.; Regan, J. W.; Fukushima, K.; Yamaguchi, N.; Tamura, Y.; Arai, T.; Murayama, T.; *Fujino, H.
    Biol. Pharm. Bull., 2017, 40, 1806-1812
  • "Chiral Bis(imidazoline)-containing NCN Pincer Metal Complexes for Cooperative Asymmetric Catalysis."
    *Arai, T.
    J. Synth. Org. Chem, Japan., 2018, 76, 3-10
  • "Catalytic Asymmetric Mannich Reaction of Isatin-derived N-Boc Imines with Malononitrile by Bis(imidazolidine)-derived Pincer Rh Complex"
    *Arai, T,; Tosaka,T.; Kuwano, S.
    ChemistrySelect, 2017, 2, 7368–7371
  • "Chiral Bis(imidazolidine)iodobenzene (I-Bidine) Organocatalyst for Thiochromane Synthesis Using an Asymmetric Michael/Henry Reaction."
    *Arai, T.; Suzuki, T.; Inoue, T.; Kuwano, S.
    Synlett, 2017, 28, 28122-12710
  • "Catalytic Asymmetric [3+2]-Cycloaddition for Stereodivergent Synthesis of Chiral Indolyl-pyrrolidines."
    *Arai, T.; Tokumitsu, C.; Miyazaki, T.; Kuwano, S.; Awata A.
    Org. Biomol. Chem., 2016, 14, 1831-1839
  • "Catalytic Asymmetric Synthesis of 3-Indolyl Methanamines Using Unprotected Indoles and N-Boc Imines under Basic Conditions."
    *Arai, T.; Kakino, J.
    Angew. Chem. Int. Ed. , 2016, 55, 15263–15267
  • "PyBidine-Ni(OAc)2-Catalyzed Michael/Aldol Reaction of Methyleneindolinones and Thiosalicylaldehydes for Stereochemically Divergent Thiochromanyl-spirooxindoles. "
    *Arai, T.; Miyazaki, T.; Ogawa, H.; Masu, H.
    Org. Lett., 2016, 18, 5824-5827
  • "Catalytic Asymmetric Synthesis of Chiral 2-Vinylindole Scaffolds by Friedel–Crafts Reaction."
    *Arai, T.; Tsuchida, T.; Miyazaki, T.; Awata, T.
    Org. Lett. , 2017, 19(19), 758-761

国際会議

  • The 8th International Meeting on Halogen Chemistry (HALCHEM VIII)
    "Dimerization of 2-Vinylindoles Catalysed by Cationic Halogen-Bonding Donors", Poster Presentation
    Suzuki, T.; Kuwano, S.; Arai, T.
    2017年9月12日~2017年9月13日, 名古屋, 日本
  • The 8th International Meeting on Halogen Chemistry (HALCHEM VIII)
    "Catalytic Asymmetric Mannich Reaction of Isatin-derived N-Boc Imines with Malononitrile Using Halogen Bonding-donor/Organic Base Combined Catalyst", Poster Presentation
    Kuwano, S.; Suzuki, T.; Arai, T.
    2017年9月12日~2017年9月13日, 名古屋, 日本
  • Chirality 2017
    "Development of Chiral Halogen-Bonding-Donor/Organic Base Combined Catalyst and Application to Asymmetric Mannich Reaction", Poster Presentation
    Kuwano, S.; Suzuki, T.; Arai, T.
    2017年7月9日~2017年7月12日, 東京, 日本
  • Chirality 2017
    "Chiral Bis(imidazolidine)-Derived NCN Pincer Metal Complex for Cooperative Asymmetric Catalysis", Oral Presentation
    Kakino, J.; Moribatake, T.; Oka, I.; Arai, T.
    2017年7月9日~2017年7月12日, 東京, 日本
  • The International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017
    "Halogen Bonding in Metal-catalyzed Asymmetric Halocyclization", Invited Lecture
    Takayoshi Arai
    2017年6月8日~2017年6月10日, Ho Chi Minh City, Vietnam
  • Catalysis and Fine Chemicals 2016 (C&FC 2016)
    "Cooperative Metal-catalyzed Asymmetric Halocyclization Assisted with Hydrogen-bonding (招待講演)", Invited Lecture
    Takayoshi Arai
    2016年11月10日~2016年11月14日, 台北, 台湾
  • Molecular Chirality Asia 2016
    "Catalytic Asymmetric Iodocyclization Using Aminoiminophenoxy Metal Carboxylates", Oral Presentation
    Takayoshi Arai
    2016年4月20日~2016年4月22日, 大阪, 日本

国内学会(会議)

  • 日本化学会第98春期年会
    "光学活性ビスアミノイミノビナフトール亜鉛三核錯体を用いる触媒的不斉ヨードラクトン化における触媒機能および非対称化への応用", 口頭発表
    堀金航大、亀井優斗、山中正浩、*荒井孝義
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 日本化学会第98春期年会
    "求電子的インドールと2‐アミノフェニルα,β‐不飽和ケトンを用いる新規四環式インドリン化合物の合成", ポスター発表
    島田拓弥、*荒井孝義
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 日本化学会第98春期年会
    "光学活性ホスホイミノビナフトール‐ならびにフェニルイミノビナフトール‐パラジウム錯体を用いる触媒的不斉Mannich反応", ポスター発表
    中村有優、佐藤勝哉、*荒井孝義
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 日本化学会第98春期年会
    "ビスイミダゾリジンピリジン配位子-金属触媒を用いるニトロアルケンとγ,δ-不飽和β-ケトエステルの不斉連続Michael反応", ポスター発表
    飯守結子、島田拓弥、白杉繭、馬駿馬、*荒井孝義
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 日本化学会第98春期年会
    "光学活性アミノイミノフェノール-銅錯体を用いるエナンチオ選択的 3-ベンゾイルオキシピロロインドリン化合物の合成", 口頭発表
    牧野宏輝、飯田圭介、*荒井孝義
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 日本化学会第98春期年会
    "2-ヨードイミダゾリニウム塩を用いる2-ビニルインドールの活性化による[4+2]環化付加反応", 口頭発表
    鈴木拓己、鍬野哲、*荒井孝義
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 日本化学会第98春期年会
    "キラル芳香族ボロン酸/N-メチルイミダゾール触媒系を用いるシス1,2-ジオールの不斉非対称化反応", 口頭発表
    保坂悠成、鍬野哲、*荒井孝義
    2018年3月20日~2018年3月23日, 船橋
  • 第44回有機典型元素化学討論会
    "Asymmetric Mannich Reaction Using Iodine/Nitrogen Cooperative Catalyst", ポスター発表
    Kuwano, S.; Suzuki, T.; *Arai, T.
    2017年12月7日~2017年12月9日, 東京
  • 第112回有機合成シンポジウム
    "イミダゾリン、イミダゾリジン、そしてアミノフェノール:不斉触媒の探索と設計", 招待講演
    *荒井孝義
    2017年12月6日~2017年12月7日, 東京
  • 74回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)
    "光学活性ホスホイミノビナフトール-金属錯体:触媒的不斉Mannich反応による四級炭素の構築", 口頭発表
    中村 有優、佐藤 勝哉、*荒井 孝義
    2017年11月18日~2017年11月19日, 新潟
  • 74回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)
    "キラルボロン酸触媒を用いた環状1,2-ジオールの不斉スルホニル化反応", 口頭発表
    保坂 悠成、鍬野 哲、*荒井 孝義
    2017年11月18日~2017年11月19日, 新潟
  • 第2回分子性触媒若手セミナー
    "金属不斉触媒の探索からデザイン型ヨウ素触媒の展開へ", 招待講演
    *荒井 孝義
    2017年10月17日~2017年10月17日, 東京
  • 第20回ヨウ素学会シンポジウム
    "光学活性ビスアミノイミノビナフトール亜鉛三核錯体を用いる触媒的不斉ヨードラクトン化とその展開", ポスター発表
    堀金航大、亀井優斗、山中正浩、*荒井孝義
    2017年9月8日~2017年9月9日, 千葉
  • 第20回ヨウ素学会シンポジウム
    "ハロゲン結合ドナー/有機塩基複合触媒を用いる不斉Mannich反応の開発と構造活性相関", ポスター発表
    鍬野哲・鈴木拓己・*荒井孝義
    2017年9月8日~2017年9月9日, 千葉
  • 第50回有機金属若手の会夏の学校
    "光学活性イミダゾリジン含有ピンサー錯体を用いるプロトン‐金属協調触媒反応の開発", 招待講演
    *荒井孝義
    2017年8月7日~2017年8月9日, 札幌
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "トリプタミンとN-Bocイミンを用いる3-アミノアルキルピロロインドリンの合成", ポスター発表
    牧野 宏輝・荒井 孝義
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "Chiral Bis(imidazolidine)iodobenzene (I-Bidine) Organocatalyst for Thiochromane Synthesis Using Asymmetric Michael/Henry Reaction", ポスター発表
    SUZUKI, T.; INOUE, T.; KUWANO, S.; ARAI, T.
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "Catalytic Asymmetric Synthesis of Thiochromanyl-spirooxindoles Using Bis(imidazolidine)pyridine (PyBidine)-metal Complex", ポスター発表
    MIYAZAKI, T.; OGAWA, H.; ARAI, T.
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "Catalytic asymmetric reaction of indoles with imines using chiral NCN-pincer-type palladium complex", ポスター発表
    KAKINO, J.; ARAI, T.
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "PyBidine-Metal-Catalyzed Michael Reaction using Nitroalkenes", 口頭発表
    MA, Junma; SHIRASUGI, Mayu; ARAI, Takayoshi
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "新規光学活性イミダゾリンアミノ酸?銅触媒を用いるニトロアルケンとイミノエステルのexo-選択的不斉[3+2]環化付加反応", 口頭発表
    島田 拓弥・徳光 千尋・藤原 絢香・荒井 孝義
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "光学活性ビスイミダゾリジン‐ニッケル触媒を用いた新規ビスインドリルメタン化合物の高立体選択的合成", 口頭発表
    登坂 拓也・荒井 孝義
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)
    "Asymmetric Mannich reaction using bifunctinal electron-deficient iodobenzene/tert-amine combined catalyst", 口頭発表
    KUWANO, S.; SUZUKI, T.; ARAI, T.
    2017年3月16日~2017年3月19日, 日吉
  • 第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム
    "光学活性ビスイミダゾリジン-金属錯体を用いるメチレンインドリノンとインドールの触媒的不斉Friedel-Crafts反応", 口頭発表
    登坂拓也、荒井孝義
    2016年11月26日~2016年11月27日, 新潟
  • 第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム
    "触媒的不斉Michael/aldol反応の開発:新規チオクロマニル-スピロオキシインドールの高立体選択的合成", 口頭発表
    宮崎智也、小川大輝、荒井孝義
    2016年11月26日~2016年11月27日, 新潟
  • 第72回有機合成化学協会関東支部シンポジウム
    "光学活性イミダゾリン-プロリン配位子を用いるニトロアルケンとイミノエステルのexo-選択的不斉[3+2]環化付加反応", 口頭発表
    島田拓弥、徳光千尋、藤原絢香、荒井孝義
    2016年11月26日~2016年11月27日, 新潟

特許

  • 「ハロゲン結合ドナー/有機塩基複合型化合物及び酸塩基複合触媒」
    出願人:千葉大学
    発明者:荒井孝義、鍬野哲
    出願番号:特願2017-157780号
  • 「NOVEL COMPOUND AND ANTIVIRAL AGENT CONTAINING SAME AS ACTIVE INGREDIENT 」
    出願人:千葉大学
    発明者:Hiroshi SHIRASAWA, Takayoshi ARAI, Yutaka TAMURA, Kengo SAITO, Akiko SUGANAMI, Yoshifumi OHNO, Akira YANAGISAWA, Shoji MATSUMOTO, Tetsuhiro NEMOTO, Ouji WATANABE
    出願番号:15/539,846
  • 「ビナフトール骨格を有するビスホスホイミノ配位子とそれを用いた触媒」
    出願人:千葉大学
    発明者:荒井孝義、佐藤勝哉
    出願番号:特願2016-102020号
  • 「光学活性な1,3-ジアミン誘導体およびその製造方法」
    出願人:千葉大学
    発明者:荒井孝義、佐藤勝哉
    出願番号:特願2016-102024号

受賞

  • 「有機合成化学協会 日産化学・有機合成新反応/手法賞」
    受賞者:荒井 孝義
    贈呈元:有機合成化学協会
    受賞日:2017年2月16日

媒体掲載

  • 千葉大学HP, その他
    「オーバーリアクションを制御して副生成物に価値を見出す光学活性 1,3-ジアミンの触媒的不斉合成に成功」
    Arai, T.; Sato, K.; Nakamura, A.; Makino, H.; Masu, H., 2018年1月16日
    Arai, T.; Sato, K.; Nakamura, A.; Makino, H.; Masu, H. Scientific Reports, 8, 2018, 837. を「高難度物質変換反応の開発を志向した精密制御反応場の創出」の領域名とともにプレスリリース
    PDF File
  • 化学工業日報, 新聞
    「インドリン化合物 不整合成法を開発 高砂香料 千葉大学 新薬研究ななどに有用」
    荒井 孝義、峠 太一郎, 2016年8月19日
    PDF File

学会運営

  • 「Catalysis and Fine Chemicals 2016 (C&FC 2016)」
    国際会議, International Advisory Board, 2016年11月10日~2016年11月14日, 台北, 台湾