文部科学省 新学術領域研究(平成27年~31年)高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出

生長 幸之助 » English

所属 東京大学大学院薬学系研究科
役職 講師
連絡先 Email
HP http://www.f.u-tokyo.ac.jp/~kanai/index.html
専門分野 有機化学
研究キーワード 有機合成, 医薬化学, 均一系触媒, ペプチド, タンパク質
所属学会・研究会 日本化学会, 日本薬学会, 有機合成化学協会, アメリカ化学会, 日本ケミカルバイオロジー学会

概要

不活性結合変換を指向したラジカル共役型錯体触媒の創製

研究業績

印刷用ページを開く

原著論文

  • "Sulfonamides as new hydrogen atom transfer (HAT) catalysts for photoredox allylic and benzylic CH arylations"
    Hirotaka Tanaka, Kentaro Sakai, Atsushi Kawamura, *Kounosuke Oisaki, *Motomu Kanai
    Chemical Communications, 2018, 54, Advance Articles
  • "Ligand-free, copper-catalyzed aerobic benzylic sp3 C-H oxygenation"
    Tanaka, H.; Oisaki, K.; Kanai, M.
    Synlett, 2017, 28, in press
  • "Transition metal-free tryptophan-selective bioconjugation of proteins"
    Seki, Y.; Ishiyama, T.; Sasaki, D.; Abe, J.; Sohma, Y.; Oisaki, K.; Kanai, M.
    J. Am. Chem. Soc., 2016, 138(34), 10798-10801
  • "Enhanced structural variety of nonplanar N-oxyl radical catalysts and their application to the aerobic oxidation of benzylic C-H bonds"
    Kadoh, Y.; Oisaki, K.; Kanai, M.
    Chem. Pharm. Bull., 2016, 64, 737-753
  • "Directing activator-assisted regio- and oxidation state-selective aerobic oxidation of secondary C(sp3)–H bonds in aliphatic alcohols"
    Ni, J.; Ozawa, J.; Oisaki, K.; Kanai, M.
    Org. Biomol. Chem., 2016, 14, 4378-4381

総説・解説

  • 「Elementary and systemic views of the generation of toxic substances」 Wakaki, T.; Oisaki, K.; Kanai, M., Green Chem., 18, 3681-3683, 2016

国際会議

  • The 98th CSJ Annual Meeting, Asian International Symposium -Medicinal Chemistry-
    "Chemoselective Protein Modification Using Organoradicals", Oral Presentation
    Kounosuke Oisaki
    2018年3月22日~2018年3月22日, Chiba, Japan
  • University of Tokyo GPLLI Student Symposium in America
    "A Visible-light Promoted Catalytic C(sp3)-H Cyanation Inspired by Natural Phosphate Hydrogen Atom Transfer (HAT) Process", Oral Presentation
    Takayuki Wakaki, Kounosuke Oisaki, Motomu Kanai
    2017年11月5日~2017年11月7日, Bar Harbor, Boston, Providence, USA
  • Shimadzu Global Innovation Summit 2017
    "Transition Metal-Free, Tryptophan-Selective Bioconjugation of Proteins", Poster Presentation
    Kounosuke Oisaki, Yohei Seki, Takashi Ishiyama, Daisuke Sasaki, Junpei Abe, Youhei Sohma, Motomu Kanai
    2017年7月4日~2017年7月5日, Kyoto, Japan
  • International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017 (ISPAC2017)
    "Transition Metal-Free, Tryptophan-Selective Bioconjugation of Proteins", Oral Presentation
    Kounosuke Oisaki, Yohei Seki, Takashi Ishiyama, Daisuke Sasaki, Junpei Abe, Youhei Sohma, Motomu Kanai
    2017年6月8日~2017年6月10日, Ho Chi Minh City, Vietnam
  • 2nd International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding
    "Development of a Catalytic Regioselective C(sp3)-H Functionalization through Alcohol Reversible Recognition", Poster Presentation
    Kounosuke Oisaki, Masayuki Tashiro, Kentaro Sakai, Motomu Kanai
    2017年5月12日~2017年5月13日, Osaka, Japan
  • 3rd International Symposium for Medicinal Sciences
    "Transition Metal-Free, Tryptophan-Selective Bioconjugation of Proteins", Poster Presentation
    Oisaki, K.; Seki, Y.; Ishiyama, T.; Sasaki, D.; Abe, J.; Sohma, Y.; Kanai, M.
    2017年3月26日~2017年3月26日, Sendai, Japan
  • The 15th Belgian Organic Synthesis Symposium (BOSS XV)
    "Directing activator-assisted regio- and oxidation state-selective aerobic oxidation of secondary C(sp3)–H bonds in aliphatic alcohols", Poster Presentation
    Oisaki, K.; Ni, J.; Ozawa, J.; Tashiro, M.; Kanai, M.
    2016年7月10日~2016年7月15日, Antwerp, Belgium

国内学会(会議)

  • 日本薬学会第138年会
    "ペプチドチオ酸の触媒的一工程合成法の最適化と応用", 口頭発表
    笹本晃生、松本拓也、平野遼、生長 幸之助、金井求
    2018年3月25日~2018年3月28日, 金沢
  • 日本薬学会第138年会
    "トリプトファン連結型抗体―薬物複合体の開発", 口頭発表
    丸山勝矢、石山隆史、斎木邦子、関陽平、井口恵太、満田勝、生長幸之助、金井求
    2018年3月25日~2018年3月28日, 金沢
  • 日本薬学会第138年会
    "有機ラジカルの設計に基づく高化学選択的な酸化的変換法の開発", 口頭発表
    生長 幸之助
    2018年3月25日~2018年3月28日, 金沢
  • 日本薬学会138年会
    "光触媒-スルホンアミドHAT触媒ハイブリッドを用いるC-Hアリール化反応", 口頭発表
    田中博隆、坂井健太郎、河村篤、生長幸之助、金井 求
    2018年3月25日~2018年3月28日, 金沢
  • 日本化学会第98春季年会
    "スルホンアミド型新規HAT触媒を用いたC(sp3)-H官能基化反応の開発研究", 口頭発表
    坂井健太郎、田中博隆、河村篤、生長幸之助、金井求
    2018年3月20日~2018年3月23日, 千葉
  • 日本化学会第98春季年会 若い世代の特別講演会
    "A Medicinal Application of Tryptophan-Selective Protein Bioconjugation", 口頭発表
    生長 幸之助
    2018年3月20日~2018年3月20日, 千葉
  • 精密制御反応場 第4回公開シンポジウム
    "有機ラジカルの精密設計が拓く新規選択的C(sp3)-H変換法", 口頭発表
    生長 幸之助
    2018年1月10日~2018年1月11日, 東京
  • 第12回プロセス化学ラウンジ,
    "有機ラジカルを用いた化学選択的タンパク質変換法の開発", 口頭発表
    生長 幸之助
    2017年12月1日~2017年12月2日, 湯河原
  • 第5回柴﨑研究セミナー
    "有機ラジカルを用いた化学選択的タンパク質変換法の開発", 口頭発表
    生長 幸之助
    2017年9月30日~2017年9月30日, 東京
  • 第27回 万有福岡シンポジウム
    "触媒的ペプチドチオ酸合成法の開発と連続的ペプチドカップリングへの応用", ポスター発表
    生長 幸之助、松本 拓也、平野 遼、金井 求
    2017年6月2日~2017年6月2日, 福岡
  • 2016年度 第2回 有機金属若手研究者の会
    "ラジカル共役型レドックス触媒が拓く新規選択的酸化反応", 招待講演
    生長幸之助
    2017年3月15日~2017年3月15日, 東京
  • 第6回超異分野学会
    "低露出度アミノ酸選択的なタンパク質生体共役反応の開発", ポスター発表
    生長幸之助、関陽平、石山隆史、佐々木大輔、阿部純平、相馬洋平、金井求
    2017年3月2日~2017年3月3日, 東京
  • 第23回ペプチドフォーラム
    "Development of Chemoselective Protein Modifications Using Organoradicals", 招待講演
    Kounosuke Oisaki
    2017年1月18日~2017年1月18日, 東京
  • 2nd Joint Workshop on Chirality in Chiba University and Soft Molecule Activation
    "有機ラジカルを用いた化学選択的タンパク質変換法の開発", 招待講演
    生長幸之助
    2016年12月19日~2016年12月19日, 千葉
  • 第 9 回有機触媒シンポジウム
    "遷移金属フリーなトリプトファン選択的 タンパク質共役反応の開発", 招待講演
    生長幸之助
    2016年12月1日~2016年12月2日, 名古屋
  • 若手研究者のための有機化学札幌セミナー
    "有機ラジカルを用いた化学選択的タンパク質変換法の開発", 招待講演
    生長幸之助
    2016年11月29日~2016年11月29日, 札幌
  • 精密制御反応場 第 1 回国際若手セミナー
    "Development of Chemoselective Protein Modifications Using Organoradicals", 招待講演
    Kounosuke Oisaki
    2016年11月11日~2016年11月12日, 箕面
  • 第42回反応と合成の進歩シンポジウム
    "遷移金属フリーなトリプトファン選択的 タンパク質共役反応の開発", 口頭発表
    生長幸之助、関陽平、石山隆史、佐々木大輔、阿部純平、相馬洋平、金井求
    2016年11月7日~2016年11月8日, 清水

特許

  • 「インドール構造選択的架橋剤およびそれを用いた複合体」
    出願人:株式会社東京大学TLO
    発明者:金井求、生長幸之助、関陽平、佐々木大輔、石山隆史
    出願番号:PCT/JP2017/931

受賞

  • 「日本薬学会奨励賞」
    受賞者:生長 幸之助
    贈呈元:日本薬学会
    受賞日:2018年3月25日
  • 「日本化学会 若い世代の特別講演賞」
    受賞者:生長 幸之助
    贈呈元:日本化学会
    受賞日:2018年3月20日